京都 花脊(はなせ)リゾート 山村都市交流の森

スタッフブログ

大悲山峰定寺 護摩供を訪ねて

2018/08/29

9月17日(月)に主催イベント「峰定寺 護摩供を訪ねて」を開催します。

花背地域に建つ古刹「峰定寺(ぶじょうじ)」。

鳥羽上皇の勅願により観空西念が創建したもので、平清盛が工事にあたったとされる。

清水寺本堂と同様、断崖に迫り出した舞台造の仏堂。舞台造建築としては日本最古として知られる。

※特別に許可を得て撮影しています。山中はカメラの持込はできません。


9月17日、年に一度「採燈護摩供」が行われる。

全国から100名を超える山伏が集い、護摩を行う姿は圧巻。


また、平素は非公開のご本尊「千手観音坐像」や「毘沙門天立像」(ともに重要文化財)なども公開される。

山村都市交流の森では、9月17日の護摩供を鑑賞するイベントを開催します。

公共交通機関では行きにくい場所にあり、個人ではなかなか訪れることの難しい行事です。

多くのご参加をお待ちしております。


日 時:9月17日(月)9:00~16:00ごろ

集 合:地下鉄国際会館駅1番出口付近

参加費:5,000円(昼食・保険料・案内料含む) 送迎バスは無料