見まわりは尾越からチセロ山・分水嶺ピーク800へ

DSC07209

北山分水嶺の東側ということで尾越側はまだ雪景色ですが、日当たりのいい尾根上は雪が消えていっています。

神社から尾越向かいの尾根を登り分水嶺へ出てチセロ山山頂へ立ちました。

DSC07193DSC07194

山上はほとんど雪景色で、ケルンは頭だけが顔を出しています。

4月になろうとしている時期にこれほど雪が残るのは珍しいことです。

早めの昼食を蓬莱山はじめ周囲の山を見ながら取り、元気が出たところでチセロ峠へツボ足で下ります。

DSC07201DSC07203

峠からピーク800へ向かうと一気に雪が減って、尾根はほとんど地面が出ていて快適です。

ここから前坂峠への尾根は東斜面ということでほとんど雪の上で、峠から車道を尾越へ戻りました。

DSC07208

今週末4月2日(日)は北山分水嶺歩き猿橋峠チセロ山区間から新クールスタートです。

このように残雪がチセロ山周辺に多く残っていますが、ツボ足トレイスを付けましたし当日さらに立派なトレースにしますので、靴の中に雪が入るのを防ぐスパッツは必要ですが快適に歩いていただけるかと思います。

また那須高原で雪崩の事故がありましたが、分水嶺歩きは尾根コースですので安全に残雪の山歩きが楽しめますので多くのご参加を。

 

見まわりは別所、寺山から芹生へ

DSC06893DSC06894

別所から寺山峠を越えて一の谷ぞいの道を下ると右京区京北芹生(せりょう)町ですが、雲取山一帯は別所に縁が深く北山分水嶺歩きのフィールドです。

昨日は貴船川源流のアソガ谷道を旧花背峠へ抜けて寺山へ登り、尾根伝いに芹生まで歩いてみました。

DSC06907DSC06909

寺山山頂はまだ残雪が一面に残っていましたが、日当たりのいい尾根筋は融けて地面が出ていて春近しといったところです。

寺山の芹生側は桂川水系灰屋川の源流にあたり、二次林が思いのほか広い自然境です。

DSC06910DSC06919

尾根の境界切り開きはけものみちとなっていることが多く、読図ができれば雲取山を眺めながらいろんなルートで楽しめて、北山杉のイメージは一掃で炭焼きが盛んな頃の北山の姿を偲ぶことができます。

DSC06941DSC06959

近年過疎化が伝えられる芹生ですが、数軒の民家はよく手入れされていて雪で閉じ込められる冬だけのことのようで、菅原伝授手習鑑で知られる美しい山里は健在で何よりでした。

車を置くアソガ谷口への帰路は立派な地蔵堂のある芹生峠の車道を歩きましたが、この一帯は別所とあわせて楽しむにふさわしい雲取山エリアです。

DSC06901

さて4月2日(日)からは北山分水嶺歩きも新クールで交流の森区間猿橋峠からチセロ山からスタート、これから山歩きをという方は大歓迎で、ひと通り歩いたという人も二度三度と歩くと味わいが増すのが北山の魅力、コースも見まわりの成果を活かしてバージョンアップしていますのでお楽しみに。

雪の八丁平へ

DSC06783

オグロ谷林道入口からスノーシューを履き、オグロ坂冬ルートの尾根へ。

峠手前で木立越しに峰床山を眺めながら昼食を取り、峠の急斜面を避けて東側の930ピークへまずは登ります。

八丁平をめぐる5つの峰のひとつで眼下には湿原が広がり、ここからその一角に立つトチノキ巨樹をめがけて下るのです。

DSC06767

DSC06769

DSC06772

湿原は早春とはいえまだまだすっかり雪景色で、見慣れた緑の八丁平とはまた違って素晴らしい景色です。

DSC06776

帰路はまずオグロ坂峠へ登り返し、急斜面を慎重にトラバースし昼食場所へ戻り、ここからは往路を下るだけです。

DSC06785

DSC06792

皆さん、大変お疲れさまでした。

 

見まわりはオグロ谷林道から鎌倉山へ

DSC06631

DSC06634

この日曜の例会はオグロ坂から八丁平ということで雪の様子を見に林道へ入ると、入口からどっさりと残っていてひと安心。

雪解けが進んでいれば上まで上がってと思っていましたが心配なしなので、林道途中から鎌倉山千年杉から延びる尾根に取りつきます。

DSC06645

DSC06644

DSC06648

DSC06660

オグロ坂峠と鎌倉山の間にエスケイプルートが必要ということで登ってみましたが、ほとんど自然林で傾斜もまずまずで木立越しに山頂や峰床山を眺めながら快適に登ることができました。

DSC06652

DSC06650

DSC06655

千本杉のある稜線に出てひと登りで山頂に立ち、ピーク950や八丁平、比良武奈ヶ岳が圧巻で、先日も雪が降ったこともあって山上は冬景色のままで、この時期では例年になく残雪が多いようです。

DSC06664

DSC06663

今日も冬型の気圧配置で冷たい北風が吹き抜けていて、早々にオグロ谷右岸尾根を下りますが、雪の状態もよく正面に桑谷山を眺めながらブナ混生林尾根を駆け降りると一気に尾根末端まで、ここからは慎重に下り傾いた橋を渡り林道入口に到着です。

ということで3月19日(日)のオグロ坂から八丁平例会は、存分にスノーシューが楽しめ雪の八丁平が楽しめるということで特におすすめです。

多くのご参加を。

久多見まわりはイチゴ谷山からピーク909へ

DSC06407DSC06414DSC06421

三軒屋から直接尾根に取りつきイチゴ山山頂北側の展望ポイントへスノーシューで上がりました。

以前から気になっていた尾根ルートですが、植林地の急登をすぎると自然林となり木立越しに周囲の山も見えて快適でした。

例会では経ケ岳西尾根を登りましたが、雪のある時期にはこの尾根を登ることができれば無理なくイチゴ谷山を楽しむことができ貴重なルートです。

北側の展望を楽しんだ後は山頂を経てピーク909へ。

DSC06431DSC06440DSC06441

北山では珍しい立派なブナ林を抜け出ると南側の展望が圧巻です。

雲取山から峰床山、皆子山、鎌倉山の北山核心部に比良山系、白倉岳の山々が勢ぞろいです。

下りはここから西尾根を進み、大きなブナの木から北西に進み三軒屋へ。

DSC06457DSC06460DSC06467

来年の冬のスノーシュー例会に取り上げたいと思いますので、ぜひ歩いていただきたい素晴らしいループコースです。

北山最北エリアはこの時期でも雪がどっさり、帰路見る鎌倉山なども真っ白で来週末のオグロ坂から八丁平例会が楽しみです。

分水嶺クラブは今年も冬の峰床山へ

DSC06262

好天に恵まれながらも参加者が少ないのは残念でしたが、分水嶺クラブは今シーズンも冬の峰床山へ登ることができ感慨深いものがあります。

峰定寺門前から大杉の森を経て登るルートはチャレンジしがいのあるマウンテンスノーシューコースで、これを登るスキルを維持しながら安全快適に多くの方々と素晴らしい北山を存分に楽しみたいと願っているからです。

DSC06276DSC06278

今シーズンは雪に恵まれ終始雪の上を歩き、北山の原風景というべき大杉の森をひとまわりしながらも昼食は山頂手前という快調なペースで歩を進めることができ、帰路は俵坂峠山から尾根伝いにナメラ谷の林道へ下りました。DSC06270

DSC06284DSC06295

山頂や展望ベンチからの北山比良の大パノラマは圧巻で、登った大杉の森尾根を見下ろす気分は最高です。さらに山頂からの下りは駆け下りロングランで余裕の下山です。北山分水嶺クラブのレベルアップはリーダーダンジョー的には大いに評価したいと思います。

DSC06289DSC06301

次回例会3月19日(日)久多から八丁平スノーシューも北山のハイライトコース、皆さんもチャレンジしてみませんか。雪の八丁平は感動的です。