見まわりは百井、杉峠山へ

DSC00834

北山分水嶺ウォーカーの皆さん、暑中お見舞い申し上げます。

暦の上では大暑、今年は特に蒸し暑い日が続きます。

今日の見まわりは杉峠山、赤白鉄塔のあるピークです。

DSC00822DSC00826

百井キャンプ場の先から小尾根を越えてダイレクト尾根に取り付きます。

植林地の上には鬱蒼とした森が残されていて細道を伝って枝払いをしながら登ります。

山頂にはかわいいケルンと鐘があります。

あいにくの天気で今日は京都市街一望とはいきませんでしたが、霧の山頂もいいものです。

DSC00836DSC00844

ここから鴨川と桂川の分水嶺を百井峠手前のピークまで見まわりですが、樹林のなかに続く細道歩きは快適です。

そして車道の西側に続く尾根を下ってみます。

植林地で作業道が谷から尾根に延びていて単調でちょっとがっかりですが小ピークだけ自然林でホッと一息、下ると登る時に通った大きなモミの木へ到着です。

ループで歩くと見覚えのある場所に戻った時は心が和みます。

花脊峠から管理道路がある杉峠山ですが、こうして歩いて登り違うルートで下るとこの山の素晴らしさがよくわかります。

それにしても登山口百井の霧のなかの集落の佇まいは素晴らしく、涼しさにもびっくりで山背の北山のすごさを実感です。

DSC00847

 

北山は梅雨明け、鍋谷山見まわり

DSC00767DSC00765

この山の北面は倉谷、広河原下之町から林道へ入って小尾根乗越からスタートです。

稜線近くを丹波広域基幹林道が通っていますが、この谷の両岸の尾根は大杉のある鬱蒼とした森が広がり歩きがいがあります。

鍋谷山から井ノ口山、衣懸坂の稜線の登山道見まわりの際はこれらのルートから上り下りするようにしていて、細道を少しずつ整備しています。

DSC00729DSC00739DSC00745

昨日はあわせて鍋谷山最高峰西側のシャクナゲ尾根ルートの手入れも行いましたので、これを利用すれば林道を歩く区間がまた減ることになります。

ゆくゆくはその西の810、780のピークも昔の道を復活させて、素晴らしい稜線伝いに歩き林道は横断するだけにできればと考えています。

衣懸坂から井ノ口山まではこの稜線は東西に延びていて、折々見える北山大パノラマは北側が北部の山並、南側が南部一望ということでことのほか雄大です。

8月6日の次回例会では佐々里峠から八丁山、鍋谷山を経て井ノ口山まで歩きますが、標高720mの佐々里峠スタートですから登りは少なく、稜線は涼風が吹き抜けて思いのほか快適ですから多くのご参加を。

DSC00750DSC00727

猛暑日でも涼風吹き抜ける八丁平

DSC00099DSC00101DSC00106DSC00107DSC00109

昨日は暑さが心配されましたが、標高800メートルの高層湿原は涼風が吹き抜けて快適に歩くことができました。

二の谷から展望が楽しめるヘリポート・ピーク916ルートで八丁平へ入り、高層湿原やトチノキの森をひとまわりした後はクラガリ谷・展望ベンチを経て俵坂歩道へ。

俵坂峠直下の名水は暑さや疲れも吹っ飛ぶ冷たさ。

雷が鳴り始めたので早々に下り交流の森送迎車に乗り込んだ後で夕立は本降り、ということで快適な夏の八丁平の一日となりました。

DSC00113

DSC00128DSC00133DSC00136

次回は8月6日(日)広河原エリア佐々里峠から八丁山鍋谷山を経て井ノ口山までのパノラマコースを歩きます。多くのご参加を。

見まわりは八丁平と峰床山

DSC00491

DSC00509DSC00518

先週は二の谷休憩舎から八丁平、昨日はオグロ谷右岸尾根から峰床山を歩いてきました。

ヘリポートを通る掘れた山道、ピーク916から八丁平への尾根、山抜けのフジタ二峠、エスケイプルートとして貴重なオグロ谷左岸尾根、交流の森境界となるオグロ坂口近くへのダイレクト尾根など、一般登山道ばかりかサブルートの確認など見まわりは多岐にわたります。

梅雨の頃は新緑ばかりか苔がしっとりと水を含んで美しい季節で、倒木の片づけや枝払いなどの合間にもこうした場所に出会うとひと休みで楽しませてもらっています。

天気図と雨雲レーダーのチェックを怠らなければ雨の多い季節でも、北山の誇る高層湿原と樹林が美しい山をめぐり歩くことができます。

DSC00549

DSC00558

DSC00559

今週末はまずまずの天気のようで、例会は二の谷管理棟から展望ピーク916から八丁平、湿原をひとまわりして俵坂歩道を下るコースですので、多くのご参加を。