寒さに負けず百井見まわり

DSC04525DSC04531DSC04536

今年は寒い日が続きます。

今日は大見川右岸尾根、前回の例会でも説明させてもらいましたが安曇川源流域は北山でも自然が残る場所ですが、その核心はこの尾根です。

百井川陸地谷と大見川に挟まれた尾根はほとんどが自然林です。

DSC04537DSC04538

その真ん中に聳えるのがピーク822、滝谷山、天ヶ森、皆子山など四周の山が望めるのですが峰床山方面の展望が特に素晴らしくいつ訪れても飽きることはありません。

DSC04539DSC04543

このピークには尾根道、谷道、山道をけものたちがしっかり歩いてくれているおかげでいろんなルートから登れるのですが、どこから登ってもいい山です。

杉林北山のイメージも一新で、昔はどこもこうだったんだろうと納得の自然北山です。

ピーク822をひとまわりした後は尾根末端のピーク759へ向かいます。

DSC04553DSC04551

こちらは高原状の地形で、一角には炭焼窯跡もあって比良蓬莱山も木立越しに望めて心和む場所です。

皆子山スルーのスタート地点ヒノコ奥へ下るルートが急斜面で、今日はその横の小尾根を下ってみましたが、カヤが茂っているもののそれを持ちながら問題なく橋のヒノコ側へ降り立つことができました。

DSC04555DSC04557

今日は気温が上がらず地面は凍ったままでとても寒い一日でしたが、日差しに舞い落ちる小雪が輝いてきれいなものでした。

例会でも来年にはいい季節に取り上げたいと考えていますので、お楽しみに。

それでは今週日曜の例会井ノ口山区間でお会いしましょう。

古道橋ワンデリング

DSC04391DSC04389DSC04402DSC04396

花脊峠へ向かって扶桑橋と峠下の間に古道橋というバス停があります。

鞍馬尾根からのエスケイプルートを拓いていますが、今回の見まわりは古道探査です。

その前に絶景ポイントの二つの峰、古道峠の北側の峰と旧花脊峠西側の送電線鉄塔ピークをめぐり、ついでに作業道工事で多くの人に親しまれている尾根道があちこちで寸断された寺山を往復した後で古道を下ってみました。

DSC04413DSC04415DSC04419DSC04430

掘れた道形がしっかりと残りイワヒメワラビを蹴散らしながら進むと、道は緩い谷間を美しいカーブを描いて続き、途中には炭焼き窯跡もあって時間が止まったままのような素晴らしい古道風景です。

大きな沢へ降り立つ直前には水場と思われる湧水もあって、倒木を片付けて飲んでみると美味で至れり尽くせりです。

峠下からの旧花脊峠の道が整備されて使われなくなったのでしょうか、それにしてもこちらはよく昔のままの姿で残されたものです。

DSC04425

来年の例会で取り上げて、分水嶺ウォーカーのみなさんにも古道歩きを楽しんでいただきたいものです。

長い滝谷山区間を見事踏破!

DSC04289

天気も良く元気な方々が集い、花脊峠から猿橋峠の北山分水嶺滝谷山区間を快適快調に歩くことができました。

それも交流の森センターまで予定時間通りですから素晴らしいことです。

DSC04271DSC04277DSC04279DSC04281

大見尾根の林道歩きは最小限にして両脇の尾根を歩き、さらに杉峠からは電波塔ピークまで往復し京都市街の展望を楽しみ、猿橋峠からは大悲山参詣道古道があったといわれている小谷を下るというプラスアルファ付きです。

DSC04284DSC04283DSC04295DSC04296DSC04299

空気も澄んで北山の東西南北の展望もいつになく素晴らしいものでした。

おつかれさまでした。

DSC04302DSC04305

次回12月17日は2017年ラストの例会大杉の分水嶺井ノ口山区間、この調子で一年を締めくくりたいものです。

多くのご参加を。