猛暑のなかを例会は鎌倉山へ

DSC06548DSC06550

北山分水嶺ウォーカーの皆さん、まずは酷暑お見舞い申し上げます。

例会は多くのご参加をいただき、細心の注意を払いながら予定通り実施しました。

オグロ谷からの最短ルートは急登が続くことで、緩やかな登りの右岸尾根に変更してスタートです。

DSC06552DSC06556DSC06554DSC06555

朝から暑く、登っても風がほとんどないことで皆さんの足取りは重く、鎌倉山往復は取りやめトラバースして稜線鞍部へ出て、鎌倉山北峰895ピークへ向かいました。

比良武奈ヶ岳を間近に望む山頂で昼食という予定でしたが、ここも風がなく暑いのでもうひと頑張りということで少し下って、2本のトチノキ大木近くの水場へ移動です。

冷水の湧き出ている尾曽谷源頭はクーラーの効いた部屋のようで、猪鹿村の分水嶺弁当を名水付きで味わうことができ皆さん元気復活です。

DSC06558DSC06562DSC06567DSC06571

尾曽谷は京都と滋賀の府県境となっていて、下る左岸尾根は京都側ということになり、白倉岳川合ピークから百里ヶ岳の展望も楽しみながら樹林の細道を進みます。

下山後尾曽谷の渓流でクールダウンです。

みなさん大変お疲れさまでした。

次回は8月5日(日)北山分水嶺歩き小野村割岳区間で、久多峠スタートで暑い夏も快適ですので多くのご参加を。

豪雨後は鞍馬と久多の見まわり

DSC06313DSC06348DSC06359DSC06374

桂川や鴨川の増水濁流を見て、水源の北山が心配で連日見まわりです。

鞍馬温泉で車道が通行止で百井峠へまわり、尾根を下って扶桑橋へ出て車道の路肩崩壊地点へ立ち寄った後は、鞍馬山へダイレクトに登り鞍馬尾根を京都展望の丘まで縦走し百井別れへ下りました。

路肩崩壊以外はほとんど豪雨の影響はないものの、昨年秋の強風台風で尾根上は多くの木が倒れていました。

DSC06404DSC06412DSC06424DSC06461

そして今日は久多、久多峠通行止の表示が出ていました。

この日曜例会の鎌倉山下見がてら、大黒谷キャンプ場から鎌倉山北峰895ピークを経て府県境尾根とまわり、途中から支尾根を下ってキャンプ場へ戻りました。

こちらも豪雨の影響もなく、心配していた895から府県境尾根上部も問題はありませんでした。

いつもながら谷越しの武奈ヶ岳は迫力満点です。

暑い日が続いていますが、深い樹林の尾根は快適でいいものでした。

府県尾根上部の2本のトチノキ大木の近くには、貴重な湧水ポイントもありますから、皆さん楽しみにしておいてください。

猛暑知らずの北山、例会は峰床山区間踏破!

DSC06150DSC06153DSC06154

京都市街の猛暑をよそに、北山は涼しい風が吹き抜けて快適です。

ともあれこの時期は無理は禁物で、急な登りをカットしてこもれびの森手前からのスタートです。

チセロ山からの分水嶺は樹林が美しく高低差も少ないので歩きやすく、予定通り俵坂峠の先の林道で分水嶺弁当に舌鼓。

DSC06157DSC06160DSC06164

元気が出たところで展望ベンチへひと登り、切株の上で大きなマムシの出迎えを受け、皆子山から桟敷、愛宕山までの北山大パノラマもそこそこに山頂へ向かいます。

ケルンに石を積み記念写真を撮った後で、北山大パノラマを飽きるまで眺めます。

DSC06167DSC06172DSC06175DSC06178

ここから寺谷峠までは細道となって、アスナロが多く生え鬱蒼とした森は分水嶺歩きにふさわしいものです。

林道峠から次回例会の鎌倉山の雄姿を眺めていただいた後はもうひと頑張り、余裕で寺谷峠到着。

後は峠道を下り奥寺谷までの林道歩きワンピッチだけです。

お疲れさまでした。