見まわりは芹生峠の分水嶺へ

DSC07837DSC07839

この日曜の例会は分水嶺歩き花背峠区間、芹生峠から旧花背峠、天狗杉を経て花背峠までですが、芹生峠から旧花背峠の間は例会では初めて歩きます。

二次林が美しい鴨川と桂川の分水嶺は迷路のように曲がりくねっていて、京都市街を木立の間から望みながらの地図読みは愉しいものがあり、山慣れた人のとっておきコースです。

DSC07848DSC07840

台風の後ということでその核心部を、芹生峠貴船側の地蔵堂から登り芹生峠まで歩いてみました。

細道は落葉や枝でわかりにくくなっていますが、倒木などはほとんどありませんでした。

DSC07860DSC07857DSC07865DSC07864

そして日曜のコースには入っていませんが、峠の西側の展望の丘へ足をのばし、分水嶺や雲取山、さらに魚谷山や愛宕山の大パノラマを眺め、秘密の尾根を地藏堂へ下りました。

写真の通り分水嶺は隆起準平原の地形が特によく残されていて平坦で、スタート芹生峠、ゴール花背峠ということで山上の森歩きが存分に楽しめますので、この日曜の例会に多くのご参加を!

DSC07873

 

例会白倉岳川合峰南岳踏破!

DSC07792DSC07796

台風直後ですが、北山分水嶺クラブ例会は久多川合町から白倉岳川合峰南岳ループにチャレンジです。

久多オートキャンプ場入口万灯籠橋から尾根に取り付き快調に登ってピーク865へ立ち川合峰へ。

DSC07800DSC07805

昼食後南岳へ登り、山頂直下の秘密の森をまわって川合峰へ戻り、府県境尾根を下りました。

白倉岳のとっておきのコースだけに静かで見どころが多く、みなさんの足も軽やかです。

DSC07812DSC07815DSC07822DSC07826

万灯籠橋へ戻る途中で針畑川の絶景も見ることができ、登った山々を振り返りながら上級向例会はフィナーレです。

みなさん、大変お疲れ様でした。

次回例会は9月2日(日)北山分水嶺歩き花背峠区間、今回は芹生峠から旧花背峠天狗杉を経て花背峠まで歩きます。

自然林の分水嶺の地図読みコースで、リーダーダンジョー的にはだれでもチャレンジできる旧きよき北山の面影を残す素晴らしい区間です。

多くのご参加をお待ちしています。

皆子山、天ヶ森に続き白倉川合峰南岳へ

DSC07410 DSC07289

見まわりは北谷から天ヶ森、大見川から皆子山西峰ダイレクト尾根と続き、昨日はこの土曜の例会白倉岳で下る川合峰府県境尾根へルート整備がてら行ってきました。

北山は多くの山があって、それぞれに個性があって飽きることがありません。

皆子山西尾根の樹林、北谷にそそり立つ天ヶ森、登りがいのある白倉岳川合峰。

猛暑も峠を越え、山上は涼風が吹き抜けていいものです。

川合峰から南岳への稜線の素晴らしいブナ林は一見の価値ありですから、多くのご参加を。

DSC07696DSC07655DSC07665 DSC07650

 

猛暑の小野村割岳区間踏破!

DSC07125DSC07131DSC07130DSC07134

北山分水嶺歩きは小野村割岳区間、標高の高い佐々里峠スタートです。

わずかながらでも西寄りの風が吹いていて快調に中央分水嶺を進み雷杉へ。

空洞を見上げてハートを見た後は大杉の森をひとまわり、感動の後は涼しい秘密の谷源頭で分水嶺弁当をいただきます。

DSC07148DSC07150DSC07158DSC07159

東西にのびる稜線は風が当たらない箇所があって厳しい行程でしたが、暑さ対策ぬかりなく見事小野村割岳登頂、みなさん元気です。

さらにひと頑張りで光砥山、ここから見る比良武奈ヶ岳や花背峠方面、さらに次回例会の白倉岳が圧巻です。

DSC07163DSC07167DSC07169DSC07166

後は大杉のワサ谷左岸尾根を進み、振り返り光砥山を見上げた後はワサ谷の河原めがけて一気に下ります。

河原で身体を冷やした後は、林道を歩いてワサ谷口ゴールです。DSC07172DSC07174DSC07176DSC07179

おつかれさまでした。

見まわりは八丁平に続き広河原分水嶺へ

DSC06634DSC06767

酷暑は続きます。京都市街の暑さに比べると、北山はコースを選べば快適で、見まわりは楽しいものです。

DSC06594DSC06606DSC06622DSC06641

先週火曜は八丁平、豪雨の影響が気になって二ノ谷管理棟からひとまわりしてきました。鎌倉山例会同様風がなく、ヘリポートからピーク914を汗まみれで越えましたが、八丁平は涼しい風が吹き抜けていて別天地でした。大きく崩れた箇所もなく、フジサカ峠の崩壊地も変化なしで何よりでした。いつも通っている林道終点西斜面の小川ですが、調べてみるとすぐ上の崖から勢いよく湧き出ていてビックリ、オグロ坂の峠の水場以上に水量豊富でとても冷たく美味でした。暑い時には給水やクールダウンできるこうした場所は貴重です。おかげでフジサカ峠までの林道歩きも楽々です。

DSC06711DSC06729DSC06738DSC06745

昨日はワサ谷から小野村割岳西側のピーク911へ、エスケイプルート確認と山上の湧水ポイント探しです。分水嶺は涼風が吹き抜けて快適でした。次回例会は分水嶺歩き小野村割岳区間、いつも小野村割岳山頂で昼食ですが暑い時期ではちょっと厳しく、その手前の広河原分岐からピーク911あたりにこうしたオアシスが欲しいところです。鞍部からけものみちを追いわずかに下るとすぐに沢の源頭となり、水があちこちの地層から滲み出ていました。さらに進むと樹林の小沢は二股となり、炭焼き窯跡の周囲は広場となって大勢でもゆったり分水嶺弁当を食べていただけそうです。例会が今から楽しみです。下りはワサ谷奥のゲートへのびる尾根を進みましたが、植林地で下草刈りもされていてOKでした。

DSC06698DSC06699

また途中の久多では夏の風物詩友禅菊が咲きそろってきて、見事でした。作付け場所が増えて、いろんな風景を背景にして楽しめるようになり、左京区最北の山里にふさわしいものです。