雪を求めてサスナベ山へ

DSC02669DSC02651

年末年始以降まとまった降雪もなく、北山分水嶺スノーシュー始めは雪を求めてサスナベ山へ。

あいにくの時雨でスタートを遅らせて止んできたところで交流の森センター向かいの八桝橋から尾根に取り付き、尾根頭まで登ってやっと一面の雪景色に。

急斜面に加えて多くの倒木迂回で思わぬひと仕事でなにはともあれ早めにランチタイム、元気を取り戻した後は待望のスノーシューハイキングです。

DSC02653DSC02654DSC02655DSC02657

ガスで送電線展望ポイントでは何も見えませんでしたが雪の尾根歩きは快適で、みなさんの顔にやっと笑顔が。

シャクナゲ尾根からサスナベ山の頂きに立ちます。

雪は重く天候回復も予報より遅れていて、雪の林道ウォーキングでナベタニ峠へ。

進むほどにガスが切れて大堰川の谷越しに桑谷山峰床山方面が見え始め、歓声が上がります。

雪の斜面下りを楽しんだ後は峠道を下山です。

DSC02664DSC02660DSC02666DSC02667

大変お疲れさまでした。

大寒寒波で雪がどっさり積もるでしょうから、次回スノーシュー例会2月3日(日)は雪で神々しい三本杉からこもれびの森チセロ山を経てチショロ山へ行きたいと思いますので、多くのご参加を

新春の北山は一面の雪景色です。

DSC02266DSC02251

北山分水嶺ウォーカーのみなさん、遅まきながら明けましておめでとうございます。

年末寒波で雪が降り始め、雪景色の北山は装いを新たにして私たちを招いていて、昨日7日は雲取山、2日は天ヶ岳とさっそく楽しい見まわりをさせてもらいました。

麓では少ないのですが山上はしっかりと雪が積もっていて、スノーシューのベストコンディション。

無雪期に親しんだ山にスノーシューを付けて訪れると、冬の雪をまとった晴れ姿と出会うことができ感動的です。

DSC02080DSC02075

1月20日(日)から始まるスノーシュー例会が楽しみです。

初めてという人も大歓迎、スノーシューはレンタルがありますから、雨具上下、スパッツ、毛糸の手袋帽子を用意し暖かい服装でお越しください。