花背見まわりはサスナベ山へ

dsc02431

交流の森センターの向かいの山は700m前後の高さでこれまで登山の対象とされてきませんでしたが、聳え立っていてなかなか登りがい歩きがいがあります。

dsc02406dsc02415

最も高い山を地元八枡ではサスナベ山と呼び山仕事でよく入ったそうですが、山頂近くには大杉の森やシャクナゲの群落が残されていて深山の面持ちです。

dsc02395dsc02397dsc02401dsc02398

送電線が近くを越えていていくつもの鉄塔が立っていて、ここからは桂川の谷ごしに雲取山、大見尾根、皆子山、峰床山、大悲山、桑谷山と北山中心部の山並みが望めて圧巻です。

dsc02432

北山分水嶺クラブスタートの頃から時間を作ってあちらこちらから入山しルート整備に励んできましたが、今日は椿橋からオソゲ谷右岸尾根から登り大杉の森を経て左岸尾根を下ってみました。北山の良さが凝縮されていて、いつもながら見まわりが楽しいかぎりです。例会でも取り上げていますが、交流の森拠点で多くの人に手軽に楽しんでいただけるようになればと願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です