見まわりは百井、陸地谷ピーク822へ

DSC07914

陸地谷は安曇川源流百井川支流の本流に劣らない大きな谷で、分水嶺滝谷山が水源となります。

昔から山仕事で盛んに人の入った谷で、本流沿いには多くの炭焼き窯跡が残り植林がされていますが、山上は自然林が広く残されていて歩きがいがあります。

右岸尾根は百井の裏山、左岸尾根は大見との境にあたりますが、今日は左岸中央部にあるピーク822へ行ってきました。

DSC07909DSC07911DSC07934DSC07923

山頂周辺は高原状の気持ちのいい場所で、峰床山・チセロ山と皆子山、蓬莱山、天ヶ森、滝谷山といった四周の山が望めて圧巻です。

陸地谷口から尾根に取りつきピーク759でヒノコからのルートと合流して山頂へ立った後は、南尾根を陸地谷へ下りましたが末端は岩場の急斜面で一般的ではありませんでした。

山頂から東側の支谷へ尾根を下って谷沿いに歩く方が無理がなさそうで今後の課題となりましたが、タムシバの多さやイワウチワも開き始めていて楽しい見まわりとなりました。

DSC07950DSC07953

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です