久多見まわりは滝谷から天狗峠へ

 

DSC08664DSC08671

山頂まですっかり若葉色となって京都市最北の久多をめぐる山もやっと春本番で華やいで見えます。

天狗峠の峠道は広河原能見町から光砥山肩を越えて尾根伝いに天狗峠山頂を越えて由良川源流七瀬へ至るもので、山に生きた人たちの集落をつなぐ長大なものです。

天狗峠は山慣れた人が滝谷を詰めて訪れていた奥山の自然境ですが、滝谷林道終点から天狗峠西側ピーク936への尾根ルートが使えるようになり昨年例会でも取り上げることができました。

今日は滝谷馬尾滝上部から天狗峠東隣のピークへの尾根を登ってみました。

DSC08681DSC08685

馬尾滝を見た後で尾根に取りつくと、シャクナゲ尾根で急でしたがふみあとを伝ってピーク936を見ながら無理なく登ることができました。

久多にふさわしいコースといえるでしょう。

DSC08697DSC08707DSC08736DSC08737

天狗峠ワンデリングの後は北山比良の大パノラマが魅力のピーク936への中央分水嶺歩きの後は滝谷林道終点への尾根コースを下りました。

今週日曜の例会は三国岳、この下山路としてもこのコースを使うことから倒木の片づけや枝払いをしておきましたので、多くのご参加を。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です