例会をはさんで百井と別所の山見まわり

例会前は百井地区、大見から炭焼きの谷ヘビ谷から展望雄大なピーク822へ登り大見尾根の鯖街道を下りました。

DSC08890DSC08891DSC08900DSC08911

例会後は別所地区、旧道別れ近くの谷を登り寺山へ出て一ノ谷から地形図の小道を追って寺山峠南側のまぼろしの峠探査です。

DSC09006DSC09026DSC09031DSC09041

どちらも暑い日だったこともあり、涼しい谷を登るコースでの見まわりです。

北山では谷は炭焼きや植林など山仕事の場であったことから道が残されていることが多く、尾根歩きとはまた違った楽しみがあります。

DSC09009

季節は立夏から小満になり、クリンソウの開花時期です。

先の八丁平スタッフブログでも書かれていましたが、細やかな渓谷が魅力のひとつである北山には湿地を好むこの花がふさわしいものです。

大見では山中に多くの湿地はあるのですが見かけることができませんでしたが、別所側ばかりか一ノ谷など寺山をめぐる谷にはあちこちにあって存分に目を楽しませてもらいました。

実は旧道別れ付近のバス道脇に毎年咲いていることからその山中にはたくさんあるだろうと思っていたのですが、その通りでした。

魚谷山や岩屋山の谷間の群生地がよく知られていて、一時期数を減らしていましたが最近はまたあちこちで見かけるようになりました。

次回例会6月4日(日)は鞍馬山から花背峠、尾根コースですのであまり期待はできませんが寄り道をしてでも探してみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です