花背見まわりは大布施からタカセへ

DSC09310

大布施の橋から大堰川の上に聳えるタカセはいつ見てもいいものです。

今日はタカセへ突き上げるオサ谷とタカセ谷の間の尾根を登ってみました。

DSC09246DSC09250DSC09256DSC09258

あまり使われてはいないようですが山道が続き、かわいいプレートが下がる独標676をすぎて稜線まで快適に登ることができました。

タカセ南側鞍部で雲取山山頂を見た後はひと登りで北山分水嶺クラブの山名板のある山頂です。

余裕で樹林の美しい山上をひとまわりします。

DSC09259DSC09270

木立越しに雲取山や西側城丹国境尾根が望め、早い昼食を済ませて滝谷山方面の展望のいいハタカリ峠へ向かいます。

オサ谷に下る道は踏査済みなので今日は地形図に小道表示のあるイナヤ谷右俣を下ってみます。

ちょうど猛暑の日でいいプランですが、小滝が続き大水で荒れてもいてちょっとお勧めできない谷下りとなりました。

DSC09288DSC09301DSC09297DSC09304

中ほどには炭焼き窯跡があったり道形がわずかにありましたが、地形的にみても峠道はオサ谷道と思われます。

ともあれ自然林の渓谷はスケールが大きく、雲取山北面に聳え立つタカセにふさわしいものでした。

この日曜の北山分水嶺歩きは手軽で味わい深い鞍馬尾根から天狗杉・花背峠、多くのご参加を。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です