梅雨入りですが見まわりは続きます

DSC09615

快晴の花背区間例会を挟んで見まわりは続きます。

古道橋周辺に続き今日は天ヶ岳です。

梅雨空から天気があっなく回復しましたので、北滝橋から北谷へ入りダイレクト尾根を登り山頂へ出て帰路は小出石道から北谷左岸尾根を下りました。

DSC09623DSC09627

北谷は先にもレポートしましたが、小滝が続く谷で地形図に小道表示があります。

市町村調書に基づいて入れられていて、古い情報が多く現状と即さないことが多いのですが古道であることも多いのです。

数年前の大水で流されて荒れていますが炭焼き窯跡も残っていて仕事場であったようです。

分水嶺尾根から見えるのですが山頂近くへ突き上げる急な尾根はこのあたりでは珍しく二次林で、取り付きは岩が出ていますが登るほどに傾斜も緩くなり快適に登ることができました。

DSC09630DSC09628DSC09632DSC09634

だれもいない山頂では京都市街、琵琶湖、その周辺では蓬莱山そして次回例会の皆子山の展望をひとり占めで楽しんだ後は、小出石道から北谷左岸尾根を下りました。

道のない左岸尾根ですが途中から古い山道が出てきて難なく歩を進めることができました。

DSC09640DSC09642

素晴らしいループコースとなり、登り慣れた天ヶ岳ですが歩きがいがあってこの山にふさわしいものでしたので大喜びです。

ちょっとスキルを上げていただければ、どなたでも楽しんでいただける山の楽しみ方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です