梅雨の合間の北山歩き

DSC00189DSC00199DSC00205DSC00209

今日は花脊の山の見まわりです。

小野谷峠へ峠道ではなく小野谷左岸尾根を大布施大神宮から登り右岸尾根を下ってみました。

このあたりの山は下は植林地ですが山上に自然林が残されていることが多く、歩きがいがあります。

数年前の大雨で小野谷峠の谷道が荒れて、今は歩けるようになっていますが往時のしっとりとした古道の面影が残るのは部分的で、尾根道に注目です。

DSC00214DSC00222

分水嶺歩きでは峠の南側のピーク760から北側はピーク655まで尾根を歩いているのですが、今日は別所川と小野谷の合流点の左岸尾根の末端から登り、右岸尾根は集落裏まで続いているのでピーク645手前で下りました。

どちらも細いながら小道がほとんどあって地図で確認は必要ですが無理なくひとまわりすることができました。

チセロ山、サスナベ山・片波山、ピーク877と雲取山など展望も次々と開けアスナロ大木や大杉もあって歩きがいがあり、分水嶺歩きでまた取り上げたいものです。

DSC00231DSC00226 DSC00238

この日曜の例会は久多峠からワサ谷林道の光砥山区間、こちらも先週ワサ谷左岸尾根の下見に行きましてルート確認をしたのですが、林道下降点まで順調に進むことができれば大杉の続く尾根をそのまま進み林道入口へ直接下る極め付けのコースにしたいと考えていますので、多くのご参加を。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です