台風一過、百井見まわりは天ヶ岳へ

DSC02981DSC02992

台風はまれにみる大きなもので各地で大きな被害が出ています。

分水嶺ウォーカーの皆さんは大丈夫でしたか。

北山も気になって百井へ向かいますが、小出石の電光掲示板に倒木通行止が出ていてびっくりですが坂尻橋まで行くと納得です。

多くのスギが道路に倒れ込み電柱も軒並み根元から折れて悲惨な状況です。

ちょうど後から復旧工事の車がやってきて、早く元に戻ることを祈るばかりです。

ということで橋下の駐車スペースに車を置いて天ヶ岳鉄塔ピークへの岩がちなダイレクト尾根を登って、山頂からは大原ユリ道を経て高谷川右岸尾根を下りました。

DSC03005DSC03010DSC03007DSC03026

山腹はほとんど影響はないのですが尾根や稜線上はあちらこちらで大きな木が倒れていていました。

ほとんどが南東側へ倒れていて、台風の通過やその後の北西の風が強かったことがわかります。

林床は落葉や枝が散乱し道を隠しています。

鉄塔からの展望は変わりなく素晴らしいものですが、今までになかったような荒れ方で北山のあちこちで被害が出てことが予想され心配です。

さらに右岸尾根ピーク600からの下りは不良林の藪と地形図にある林道が荒れ果てていて大変でした。

DSC03035DSC03033DSC03038DSC03045

北山分水嶺クラブ例会で地図を見ながら山道古道やけものみちを歩いている人にとってはこれくらいでは困難ではないでしょうが、山慣れない人にとっては注意が必要となります。

これはちょっとと思ったら安全第一、来た道を引き返すのが賢明ですね。

例会でまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です