久多見まわりは川合から鎌倉山へ

DSC03156DSC03166

2週続けて台風襲来、分水嶺ウォーカーの皆さんはいかがでしたか。

これもまた自然の一面で準備万端被害を最小限にしたいものですが、山は大変です。

立ち枯れや傷んだ木は容赦なく倒され、無理やり風のあたる尾根筋に植えられたスギやヒノキはあちこちでひっくり返っています。

道も倒木、落枝、落葉ですっかり隠れてしまい、初級コースが上級コースにレベルアップ。

細い山道けものみちを歩いてこられた分水嶺ウォーカーの皆さんは大丈夫ですが、駆け出しの人は無理をせず駄目だと思ったら引き返しです。

DSC03171DSC03187DSC03193DSC03190

今日は川合から久多川右岸の旧道へ入り、大きな谷を横切った後で道なき尾根に取り付きブナ林を抜けて武奈ヶ岳を望む鎌倉山へ。

帰りは北側のピーク895を経て府県境の谷左岸尾根を下りました。

台風で葉がかなり落ちてしまって、いつになく明るい紅葉を楽しむことができました。

北山はブナ混生林でいろんな木があって、紅葉は色とりどりで味わい深いものです。

府県境の谷左岸尾根のトチノキや白倉岳川合ピークもひときわ立派に見えて、いいものでした。

DSC03196DSC03200DSC03219DSC03230

今週末日曜の例会分水嶺小野村割岳区間ですが、紅葉バックの大杉の森が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です