ミゴ越と杉峠の古道

DSC03727DSC03731DSC03746

見まわりは久多ミゴ越から経ヶ岳、別所杉峠から天狗杉と続いています。

ミゴ越は三軒屋・上ノ町と針畑平良を結ぶ古道、杉峠は大見と鞍馬を結ぶ古道、どちらも数年前の水害やヤブで荒れ歩く人もほとんどいない状態ですが、峠道は山村の歴史を伝える貴重な存在であり、分水嶺へのアプローチとしても欠かせないものです。

往時の立派な姿に戻すことは無理としても通行可能状態は維持したいと折々見まわります。

ミゴ越の久多側はミゴ谷伝いの道で源頭で斜面を巻いて上がるルートだったのですが伐採植林で道は消え今は小尾根を登り峠の北側の経ヶ岳イチゴ谷山の縦走路へ出ます。

DSC03757DSC03767DSC03781DSC03782

平良側へも足をのばしますがこちらは登山の人が使うようで自然林を巻いて下る細道ですが健在でなによりで、その後はけものみちで経ヶ岳の稜線へ出て今度の例会で登る西尾根を先の台風で倒木落枝が散乱する細道を下りました。

DSC03849DSC03851DSC03855

杉峠口の植林地間伐作業がほぼ終えたようなので足を踏み入れましたが新設された作業道はとっかかりだけで峠までの古道は健在で自分ごとのように嬉しくなります。

峠の直前にも作業道ができていましたので赤白鉄塔管理道路側斜面のけものみちを通って峠のお地蔵さんとご対面です。

DSC03863DSC03865DSC03870

大パノラマの杉峠山往復の後は花脊峠、天狗杉東ピークまで別所と雲取山寺山そして天狗杉が美しい稜線を進みましたが、風の通り道でスギ、ナラ、リョウブなどあちこちで木が倒れていて悲惨な状況、歩く上では尾根は広く左右に避けられ致命的な場所はないようでした。

DSC03877DSC03893DSC03894

そして植林地の多い山域のなかで東ピーク南斜面はまとまって自然林が残っていて今回はここを通り抜けて花脊峠鞍馬側最初のヘアピン、かの昔は京都市街絶景ポイントへ出て杉峠口ゴール、楽しいループコースでした。

DSC03898

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です