古道橋ワンデリング

DSC04391DSC04389DSC04402DSC04396

花脊峠へ向かって扶桑橋と峠下の間に古道橋というバス停があります。

鞍馬尾根からのエスケイプルートを拓いていますが、今回の見まわりは古道探査です。

その前に絶景ポイントの二つの峰、古道峠の北側の峰と旧花脊峠西側の送電線鉄塔ピークをめぐり、ついでに作業道工事で多くの人に親しまれている尾根道があちこちで寸断された寺山を往復した後で古道を下ってみました。

DSC04413DSC04415DSC04419DSC04430

掘れた道形がしっかりと残りイワヒメワラビを蹴散らしながら進むと、道は緩い谷間を美しいカーブを描いて続き、途中には炭焼き窯跡もあって時間が止まったままのような素晴らしい古道風景です。

大きな沢へ降り立つ直前には水場と思われる湧水もあって、倒木を片付けて飲んでみると美味で至れり尽くせりです。

峠下からの旧花脊峠の道が整備されて使われなくなったのでしょうか、それにしてもこちらはよく昔のままの姿で残されたものです。

DSC04425

来年の例会で取り上げて、分水嶺ウォーカーのみなさんにも古道歩きを楽しんでいただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です