寒さに負けず百井見まわり

DSC04525DSC04531DSC04536

今年は寒い日が続きます。

今日は大見川右岸尾根、前回の例会でも説明させてもらいましたが安曇川源流域は北山でも自然が残る場所ですが、その核心はこの尾根です。

百井川陸地谷と大見川に挟まれた尾根はほとんどが自然林です。

DSC04537DSC04538

その真ん中に聳えるのがピーク822、滝谷山、天ヶ森、皆子山など四周の山が望めるのですが峰床山方面の展望が特に素晴らしくいつ訪れても飽きることはありません。

DSC04539DSC04543

このピークには尾根道、谷道、山道をけものたちがしっかり歩いてくれているおかげでいろんなルートから登れるのですが、どこから登ってもいい山です。

杉林北山のイメージも一新で、昔はどこもこうだったんだろうと納得の自然北山です。

ピーク822をひとまわりした後は尾根末端のピーク759へ向かいます。

DSC04553DSC04551

こちらは高原状の地形で、一角には炭焼窯跡もあって比良蓬莱山も木立越しに望めて心和む場所です。

皆子山スルーのスタート地点ヒノコ奥へ下るルートが急斜面で、今日はその横の小尾根を下ってみましたが、カヤが茂っているもののそれを持ちながら問題なく橋のヒノコ側へ降り立つことができました。

DSC04555DSC04557

今日は気温が上がらず地面は凍ったままでとても寒い一日でしたが、日差しに舞い落ちる小雪が輝いてきれいなものでした。

例会でも来年にはいい季節に取り上げたいと考えていますので、お楽しみに。

それでは今週日曜の例会井ノ口山区間でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です