見まわり納めは久多町居越古道

DSC04944

安曇川本流と葛川梅ノ木で分かれるのが奥山川、川合で針畑川を分けると久多川となります。

久多から葛川梅ノ木の車道はおおむね左岸に付けられていますが、車道のない時代には右岸に古道があって梅ノ木の上流側町居へ抜けていました。

右岸尾根は鎌倉山から高童山へ続いていて山慣れた人には素晴らしい尾根歩きが楽しめますが、奥山川斜面は急峻でここに古道があったとは驚きで昔の人の道普請や脚力には脱帽です。

所々に植林地があり古道はこれらの際にあったと予想されることから、まず府県界尾根や針畑大橋への尾根にある山道跡を無理なく歩けるようにしてここから順々に見まわりがてら探索しています。

DSC04948DSC04960DSC04967DSC04972

最大の難関は特に険しい二つの岩谷がある針畑大橋と梅ノ木坂尻橋との間で、昨日は坂尻橋から町居からの古道へ出てこれを伝って上流へ向かいました。

一つ目の谷は大岩を見事に巻くルートをけものが使っていて無事通過できましたが、二つ目の左岸側は上から下まで岩壁が続いていてけものみちも間の小尾根を登っていてそれに従わざるをえませんでした。

DSC04976DSC04986DSC04996

小尾根から岩谷上部を横切るルートが見つからないまま稜線へ出てしまい昨日の探査終了で、高童山山頂へ立った後は東尾根の細い山道をたどって坂尻橋へ下りました。

昔の人を想いながらの古道歩きは北山ならではのものでいいものです。

久多からの町居越探索は来年も続きますが、例会では安全快適な府県境尾根から高童山を歩いていただきたいと考えています。

DSC04998

それでは北山分水嶺ウォーカーのみなさん、よいお年をお迎えください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です