好天に恵まれたサスナベ山スノーシュー

DSC00808DSC00809DSC00810DSC00811

朝から晴れたこともあって交流の森センターへ向かう途中では氷点下7度、着いて聞けばセンターでは氷点下8度でびっくりですが、多くのスノーシューウォーカーにとっては心地いい寒さです。

椿橋手前から尾根に取り付きユズリハジャングルもかき分けて北山展望その一を眺めた後は快適な大杉の森尾根を登り、山頂手前の巨樹の間で日だまりランチタイム。

DSC00812DSC00814DSC00819DSC00822

食後は大杉の森周遊の後で花背の隠れ名山の山頂へ。

なにもない山頂ですが雪がたっぷり積もって感動もひとしおです。

ピーク656へのパノラマ尾根歩きは楽しいものでした。

DSC00824DSC00829DSC00832DSC00836

展望その2、その3と峰床皆子を中心とする北山核心部の絶景が圧巻、朝集合した眼下の交流の森センターもおもちゃ箱のようで歓声が上がります。

そして登ったサスナベ山を見届けた後は、スノーシューウォークの醍醐味の駆け降りです。

皆さん、すぐに慣れていい感じです。

今後の雲取山、八丁平、峰床山と続くスノーシュー例会が楽しみとなってきました。

お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です