見まわりは芹生峠に続きチセロ山へ

DSC02518DSC02508

北山分水嶺歩き2018は4月1日からスタートです。

4つの川の分水嶺と北山核心5地区をめぐる名峰への自然の細道は、装いも新たにして分水嶺ウォーカーを待ってくれていて今年も歩くのが楽しみです。

この間見まわりはスタート区間の最高峰チセロ山周辺と、その前は9月ですが今年から歩き始める花背峠区間の芹生峠周辺へ行きました。

DSC02485DSC02503DSC02524DSC02534

昨日はチセロ山、深い森が魅力の交流の森区間は猿橋峠からここまでですが、尾越側からひとまわりしてみました。

この山の東面にクラ谷という大きな谷があり、昔から炭焼きなどが行われ立派な道形が奥へ奥へのびていて網の目のように谷が分かれてゆきます。

それぞれの出合には平坦な自然林の森が広がり、昨日は奥の平から炭焼き窯跡を経てチセロ山北側ピーク830へ出て、チセロ山からチセロ峠を経て峠道も水田跡も自然に還りつつある尾越へ。

森ばかりか隆起準平原という地形の北山にふさわしい山上の高原風景が広がりますが、早くもタムシバが咲き始めて彩りを添えていました。

DSC02243DSC02253DSC02261DSC02270

芹生峠へは、貴船側の地蔵堂から尾根を登って分水嶺へ出て芹生峠へ抜け、さらに西側の展望の丘へ登り返し地藏堂へ小尾根を下りました。

旧花背峠から芹生峠の間は歩く人が少ないのですが、自然林が多く残され地形も複雑な地図読みコースで木立越しに京都市街が望めて歩きがいがありリーダーダンジョー一押しです。

見まわりはループループアンドスルーで行うことが多いのですが、これによって分水嶺の状況ばかりかエスケイプルートの確認も行いますが、今回のループコースは特に味わい深く見まわり冥利に尽きる素晴らしさです。

それでは4月1日の例会でお会いしましょう。山歩きデビューの方も大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です