新緑の光砥山区間を踏破!

DSC04182DSC04187DSC04202DSC04218

久多峠からフカンド山を経て光砥山へ登り、ワサ谷左岸尾根を能見へ下るという北山分水嶺歩き光砥山区間ですが、今年も好天に恵まれチャレンジャーの足取りもよく快適に踏破することができました。

好天とはいえ天気は今日までで夕方からちょっと危ういというものでしたから、雨が降り始める前にゴールできるかちょっと心配していましたが、見事セーフでなによりでした。

DSC04195DSC04209DSC04217DSC04231

北山最深部のこの区間はブナ混生林の森の深さ、大杉の多さ、比良から愛宕までの展望の広さといい、分水嶺歩きのハイライトコースで、歩くたびに奥の深い北山の素晴らしさを実感です。

DSC04192DSC04193DSC04190DSC04233

分水嶺大杉は昨秋の台風で幹のひとつが折れて悲惨な状況でしたがまだまだ存在感十分で、府下4位の高さの光砥山も登りがいがあって楽しい山頂となりました。

みなさん大変お疲れさまでした。

DSC04229DSC04230

次回例会は5月20日(日)佐々里峠から八丁山鍋谷山、多くのご参加を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です