豪雨後は鞍馬と久多の見まわり

DSC06313DSC06348DSC06359DSC06374

桂川や鴨川の増水濁流を見て、水源の北山が心配で連日見まわりです。

鞍馬温泉で車道が通行止で百井峠へまわり、尾根を下って扶桑橋へ出て車道の路肩崩壊地点へ立ち寄った後は、鞍馬山へダイレクトに登り鞍馬尾根を京都展望の丘まで縦走し百井別れへ下りました。

路肩崩壊以外はほとんど豪雨の影響はないものの、昨年秋の強風台風で尾根上は多くの木が倒れていました。

DSC06404DSC06412DSC06424DSC06461

そして今日は久多、久多峠通行止の表示が出ていました。

この日曜例会の鎌倉山下見がてら、大黒谷キャンプ場から鎌倉山北峰895ピークを経て府県境尾根とまわり、途中から支尾根を下ってキャンプ場へ戻りました。

こちらも豪雨の影響もなく、心配していた895から府県境尾根上部も問題はありませんでした。

いつもながら谷越しの武奈ヶ岳は迫力満点です。

暑い日が続いていますが、深い樹林の尾根は快適でいいものでした。

府県尾根上部の2本のトチノキ大木の近くには、貴重な湧水ポイントもありますから、皆さん楽しみにしておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です