猛暑のなかを例会は鎌倉山へ

DSC06548DSC06550

北山分水嶺ウォーカーの皆さん、まずは酷暑お見舞い申し上げます。

例会は多くのご参加をいただき、細心の注意を払いながら予定通り実施しました。

オグロ谷からの最短ルートは急登が続くことで、緩やかな登りの右岸尾根に変更してスタートです。

DSC06552DSC06556DSC06554DSC06555

朝から暑く、登っても風がほとんどないことで皆さんの足取りは重く、鎌倉山往復は取りやめトラバースして稜線鞍部へ出て、鎌倉山北峰895ピークへ向かいました。

比良武奈ヶ岳を間近に望む山頂で昼食という予定でしたが、ここも風がなく暑いのでもうひと頑張りということで少し下って、2本のトチノキ大木近くの水場へ移動です。

冷水の湧き出ている尾曽谷源頭はクーラーの効いた部屋のようで、猪鹿村の分水嶺弁当を名水付きで味わうことができ皆さん元気復活です。

DSC06558DSC06562DSC06567DSC06571

尾曽谷は京都と滋賀の府県境となっていて、下る左岸尾根は京都側ということになり、白倉岳川合ピークから百里ヶ岳の展望も楽しみながら樹林の細道を進みます。

下山後尾曽谷の渓流でクールダウンです。

みなさん大変お疲れさまでした。

次回は8月5日(日)北山分水嶺歩き小野村割岳区間で、久多峠スタートで暑い夏も快適ですので多くのご参加を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です