芹生峠から花背峠へ分水嶺を闊歩!

DSC07938DSC07941

迷路のような北山分水嶺歩きが楽しめる芹生峠から旧花背峠、天狗杉を経て花背峠への区間です。

天気がいいので西側の峰を往復して、これから歩く樹林の分水嶺を眺めてから芹生峠をスタートします。

DSC07943DSC07955

細道は先の台風で落ちた木の葉で隠れて、右に左に直角曲がりのポイントごとに地図読みです。

高低差が少なく二次林の森が続く分水嶺は快適で、みなさん足取りもよく送電線鉄塔の立つ展望のいいピークへ抜け出ることができました。

予定より早い到着となりましたので、天狗杉南側の京都絶景の展望の丘へワンデリングです。

DSC07956DSC07963

谷へ下り登り返して次の鉄塔ピークで分水嶺弁当に舌鼓を打ち、巡視路やけものみちを伝って見事に展望の丘へ到着です。

ちょっと頑張ってスキルアップの後でもあり、眼下に広がる京都市街は感動的で歓声があがります。

DSC07968DSC07978DSC07980DSC07987

後は南尾根から天狗杉へ登り花背峠へ余裕のゴール、大変お疲れさまでした。

次回は9月16日(日)井ノ口山から片波山サスナベ山の大杉と展望のいい尾根歩き、多くのご参加を。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です