見まわりは久多滝谷へ

DSC03479DSC03405DSC03449DSC03467

先週は左岸側、今週は右岸側と、久多滝谷の流域を歩いてきました。

滝谷は京都市最北端、芦生の森に接する中央分水嶺地帯でアシウスギやナラと沢筋にトチノキの多いブナ混生林が特に見事で、馬尾滝という二つの素晴らしい滝もあって北山分水嶺歩きが楽しい場所です。

左岸側は岩屋谷右岸尾根をピーク936へ登り、原生林をひとまわりして滝谷林道終点への尾根を下りました。

右岸側は馬尾滝から滝谷左股、隠れ滝というべき三段のナメ滝を越えて中央分水嶺ピーク927へ出て大パノラマの右岸尾根をピーク829へ進み林道終点への尾根を下りました。

地形的に険しい滝谷ですが、沢の源頭部まで山仕事に入っていた山で炭焼き窯跡や植林地があちこちにあり、谷や尾根の山道をつないで無理なく歩くことができます。

DSC03577DSC03589DSC03598DSC03601

ちょうどシャクナゲが満開で、林床のイワウチワ、イワカガミなどとあわせていいものでした。

次回例会はこのピーク927へ久多峠から登り光砥山をめざしますが、歩きがいがある区間ですので多くのご参加を。

DSC03474DSC03634DSC03645DSC03655

[ピーク927を望む/927から光砥山方面/フカンド山板取り杉ピーク/北山比良パノラマ]

悪天を蹴散らして雲取山からタカセへ

DSC03302

悪天予報のなか多くのご参加をいただき感謝感激、昨夜来からの雨が残り足元がしっかりしている寺山峠からということで予定のコースを逆に歩きます。

ちょうど見ごろなので花背スキー場跡のサクラを見てからスタートです。

DSC03293DSC03296

みなさんの思いが雨雲を蹴散らし峠を越える頃には小雨も止み、渡渉や岩が濡れて滑りやすい谷道を避けて一の谷と二ノ谷の間の道無き尾根最短ルートで一気に北峰へ。

DSC03299DSC03300DSC03303

雨は止んだもののガスが濃く展望はまったくなく早々に三角点山頂へ向かいますが、せっかくなのでけものみちウォークを楽しんでもらいました。

ここで記念写真を撮って風の当たらない二ノ谷源頭部へ下って山菜づくしの分水嶺弁当をいただきます。

DSC03306DSC03307

けものみちパート2のあとはハタカリ峠からタカセへ、ガスは依然として晴れないのでけものみちパート3、もう結構ということで下りにかかります。

途中でシャクナゲの赤い蕾に目がくらんで迷走した後で独標675から登るはずだった結構な傾斜の尾根を下りましたが、それでも予定時間より1時間近く早い下山です。

DSC03310DSC03311

みなさんよく歩いていただきました、お疲れさまでした。

次回は5月6日(日)北山分水嶺歩きのハイライトコース、久多峠からの光砥山区間、おおくのチャレンジャーお待ちしています。

DSC03313DSC03321

雲取山見まわり

DSC03070DSC03077

この日曜の北山分水嶺クラブ例会は雲取山です。

大布施からタカセを経て山頂に立ち寺山峠から別所に下ります。

雲取山は地図を見るとよくわかりますが、山上が広く山頂と10メートルちょっとしか違わない峰があちこちにあって壮観です。

DSC03089DSC03087DSC03105DSC03107

今日の見まわりは別所と古くからかかわりが深い芹生からカヤの急斜面を登り雲取山山頂、比叡山、中央分水嶺そしてタカセを望みながら尾根を進み、ピーク899を経て山頂へ立ち二ノ谷三ノ谷間の尾根を下ってみました。

とても長い尾根ですからその気になって歩きましたが、芹生側に自然林が残り期待以上の素晴らしさでした。

DSC03110DSC03117

植林が盛んな大ヒロ谷源頭部は作業道が尾根まで上がってきていて足早に通りすぎ、ピーク899手前からの自然林へ入ってほっと一息。

竹次谷源頭部をはさんでタカセから北峰や山頂がひときわ立派です。

雲取山は植林地が多い山ですが、山頂北側は自然林が多く残されていていろんなルートから登る楽しみがあります。

DSC03131DSC03139

帰りは菅原伝授手習鑑の舞台寺小屋跡の勢竜天満宮へ立ち寄って車に戻りました。

登り口のヒトリシズカが朝つぼみだったのが開いて待っていてくれました。

タカセからの雲取山、多くのご参加を。

 

北山分水嶺歩き2018スタート!

DSC02687DSC02694DSC02697DSC02708

好天に恵まれ猿橋峠からチセロ山の交流の森区間を快適に歩くことができました。

北山分水嶺歩き2018も幸先のいいスタートです。

交流の森センターから蔵谷山、例年になく早い開花のタムシバの丘を経て猿橋峠へ出てピーク800で分水嶺弁当を味わい、チセロ峠からこれまた早くもイワウチワが咲くチセロ山へ余裕の到達。

DSC02706DSC02710DSC02716DSC02721

こもれびの森休憩舎でゆっくりした後はちしょろ尾根の歩道を進み、懸崖造りの大悲山峰定寺本堂遥拝もでき意気揚々と古道峠へ向かいます。

分水嶺区間は長くはないのですが分水嶺へ出るまでしっかり歩きますから、あとはここから下るだけと思うと疲れも出て、しっかり休んだ後は交流の森センターまでひと頑張りです。

みなさんお疲れさまでした。

次回は4月15日(日)別所・花背の名山タカセ・雲取山、多くのご参加を。

見まわりは芹生峠に続きチセロ山へ

DSC02518DSC02508

北山分水嶺歩き2018は4月1日からスタートです。

4つの川の分水嶺と北山核心5地区をめぐる名峰への自然の細道は、装いも新たにして分水嶺ウォーカーを待ってくれていて今年も歩くのが楽しみです。

この間見まわりはスタート区間の最高峰チセロ山周辺と、その前は9月ですが今年から歩き始める花背峠区間の芹生峠周辺へ行きました。

DSC02485DSC02503DSC02524DSC02534

昨日はチセロ山、深い森が魅力の交流の森区間は猿橋峠からここまでですが、尾越側からひとまわりしてみました。

この山の東面にクラ谷という大きな谷があり、昔から炭焼きなどが行われ立派な道形が奥へ奥へのびていて網の目のように谷が分かれてゆきます。

それぞれの出合には平坦な自然林の森が広がり、昨日は奥の平から炭焼き窯跡を経てチセロ山北側ピーク830へ出て、チセロ山からチセロ峠を経て峠道も水田跡も自然に還りつつある尾越へ。

森ばかりか隆起準平原という地形の北山にふさわしい山上の高原風景が広がりますが、早くもタムシバが咲き始めて彩りを添えていました。

DSC02243DSC02253DSC02261DSC02270

芹生峠へは、貴船側の地蔵堂から尾根を登って分水嶺へ出て芹生峠へ抜け、さらに西側の展望の丘へ登り返し地藏堂へ小尾根を下りました。

旧花背峠から芹生峠の間は歩く人が少ないのですが、自然林が多く残され地形も複雑な地図読みコースで木立越しに京都市街が望めて歩きがいがありリーダーダンジョー一押しです。

見まわりはループループアンドスルーで行うことが多いのですが、これによって分水嶺の状況ばかりかエスケイプルートの確認も行いますが、今回のループコースは特に味わい深く見まわり冥利に尽きる素晴らしさです。

それでは4月1日の例会でお会いしましょう。山歩きデビューの方も大歓迎です。

八丁平で今年もスノーシュー終い

DSC02168DSC02171

寒波の後は暖冬で雪はあっというまになくなってきて、今日の八丁平スノーシューは残雪を探しながらのもので担いでいる時間の方がはるかに多いものでしたが、好天にも恵まれ高層湿原や森の早春を存分に楽しむことができました。

オグロ坂からという予定を変更して二ノ谷管理棟からヘリポート、ピーク716経由で八丁平入りです。

DSC02175DSC02176DSC02180DSC01988

残雪がある沢筋を見つけてスノーシューで下った後は、湿原周遊歩道を反時計回りに進み中村乗越の展望ポイントで早い昼食、分水嶺サンドイッチは格別の味です。

トチノキ大木からクラガリ谷出合へまわり、右岸尾根へ雪が残る支谷を見つけてスノーシューを付けて登ります。

DSC02190DSC02195DSC02193DSC02202

ピーク927から展望ベンチへ出て休憩、スノーシューでもうひと下りしたいな、という声が出ますが俵坂歩道はすっかり雪が消えていてかないませんでしたが、快適に下ることができました。

お疲れさまでした、スノーシューはまた来年のお楽しみに。

DSC02204

次回例会4月1日(日)からはまた北山分水嶺歩き2018がスタート、まずは交流の森区間からです。

多くのチャレンジャーをお待ちしています。

すでに歩いた人も二度三度と季節も変わり、立ち寄る場所なども変わりコースは進化してゆきますので歩きがいがありますので

 

見まわりは八丁平

DSC01939

車道の雪も消えて二ノ谷管理棟から八丁平見まわりをすることができました。

好天でだれもいないこの時期の湿原や森は残雪が残り、高山の面持ちがして素晴らしいものです。

ヘリポートからピーク916を越えて入りましたが、湿原俯瞰ばかりか比良北山の大パノラマも圧巻でした。

DSC01916DSC01924DSC01927DSC01944

残雪はフノ坂の谷やクラガリ谷の右岸側北斜面にまとまって残っていて、さらにオグロ坂まで行きましたが例年残る久多側斜面にはほとんどないことから、二つの谷での残雪スノーシューと早春の湿原めぐりということになりそうです。

DSC01941DSC01949DSC01963DSC01967

帰路はピーク930から中村乗越、ピーク914を経てフジ谷峠へ。

昨秋の台風で立ち枯れの木が倒れて、今までになくすっきりとした峰床山と八丁平を眺めることができました。

DSC01988DSC01994

雪を追って峰床山スノーシュー

DSC01653DSC01668DSC01675DSC01680

この間の穏やかな天気や雨で、例年になく早い雪融けですが、北山分水嶺クラブや交流の森にとって大切な山ですから決行です。

寺谷ナメラ谷出合から尾根を快調に登り大杉の森に着いて、雪がやっと出てきましたのでスノーシューを履き、名木の数々をめぐり歩き、林道へ出て登って来た大杉の森尾根を眺めながら昼食です。

予想以上の好天で快適です。

DSC01683DSC01688DSC01689DSC01691

さすがに山頂手前からべったり雪が残りスノーシュー登山の雰囲気です。

山頂からの大パノラマを堪能した後は雪の残る谷沿いに展望ベンチへ行き皆子山を眺めた後は、俵坂峠からの下りで最後のスノーシューを楽しんでナメラ谷林道へ下りました。

スギ巨樹や山頂大パノラマの素晴らしいコースで峰床山へ登り、雪を追ってスノーシューを楽しみ俵坂歩道を下るという素晴らしい一日となりました。

DSC01692DSC01698DSC01703DSC01708

みなさん大変お疲れさまでした。

次回は3月18日(日の早春の)八丁平スノーシュー、クラガリ谷に雪はしっかり残っていましたので今回同様楽しめそうですから、ぜひ多くのご参加を。

例会は雲取山スノーシュー新コースで

DSC01370DSC01373

まずまずの好天に恵まれ、雪も何とかあって意気揚々と紅葉橋からスタートです。

足慣らしに岩の上をトラバースして大布施への尾根ピーク802への尾根の登山口へ移動し、これをぐんぐん登ります。

植林を抜けて自然林となると皆さん笑顔になります。

DSC01383DSC01389DSC01390DSC01387

難なくピーク802へ立って稜線へさらにひと登り、いいペースで雲取峠へ出て雲取山北峰へ。

霞んでいますが峰床山皆子山背後に比良比叡の大パノラマがひろがり、ここでランチタイムです。

近くのタカセが圧倒的な存在感です。

いい表情で記念写真、さっそくいい斜面を見つけて駆け下り登り返して三角点山頂です。

DSC01391DSC01392

DSC01394DSC01397

早々に引き返し、スノーシュー登山の楽しい帰路につきます。

カマクラがあってほのぼのとした京産大ワンゲル小屋を経て滝谷口への尾根へ向かい、再度絶景を見届けて尾根を駆け下ります。

DSC01398DSC01399

登山は楽しく日々精進ということで、急がなくてもいい時でもスノーシュートレーニングです。

思い思いにトライアル、下りで時間短縮ができれば北山はどこでも安全快適に雪山登山が楽しめるからです。

ということで登った尾根を眺めながら駆け下りることができ、あっという間にバス道へ。

DSC01403DSC01405

みなさんお疲れさまでした。

スノーシュー例会は峰床山、八丁平と続きますのでご期待のほどを。

雲取大布施尾根と佐々里峠下からの中央分水嶺へ

 

DSC01079DSC01083

この間の陽気のせいで花背峠の路面が出て快適に北山入りができます。

次回例会は雲取山スノーシュー、ということで滝谷口への尾根ルートの北隣の大布施尾根見まわりがてらピーク802の東尾根を下ってみました。

角子橋バス停から尾根へ出て、伐採地で大見尾根から峰床山の大展望を楽しみ、自然林のピーク802はちょっとした山頂気分に。

DSC01095DSC01096

ここからの東尾根は上部は自然林、下部は手入れされた植林ですが、傾斜が一定で歩きやすくあっという間に紅葉橋バス停上へ。

この尾根が登りに最適とわかり、この土曜の例会ではこの尾根を登って雲取山へ行き帰りは滝谷口への尾根を下ることに。

雪は雲取山東斜面にあたり別所川のバス道から残っていて、心配なしです。

好天予報でもあり、快適で素晴らしい雲取山スノーシューとなりそうですから多くのご参加を。

DSC01324DSC01325

見まわりはさらに広河原、こちらは北山五地区最北となることからさすがに雪はたっぷり残っています。

佐々里峠は、花背峠、百井峠、久多峠とともに北山核心の峠のひとつで、特に念入りに見まわりをしていて、旧道ばかりか周囲の山や尾根とあわせて歩くのは楽しいものです。

DSC01333DSC01338

昨日は中央分水嶺ピーク860へ直接延びる尾根を登ってみましたが、広河原の山はどこもそうですが尾根に大杉が残されていますが、ここも何本かあっていいものでした。

ピーク860は廃村八丁をめぐる山の最高峰八丁山の絶景ポイント、また品谷山分岐でもありこのルートを使えば最短で登ることができます。

DSC01343DSC01348

雪が本降りとなり品田に山往復はまたの機会にして、分水嶺をダンノ峠北側ピークまで進み、エスケイプルートである東尾根を下りました。

この尾根にも大杉があって楽しみながら下ることができ、植林地の尾根頭から左の尾根を伝うとソフトランディングです。

DSC01353DSC01354

北山はスノーシュー登山にふさわしいところがいっぱいです。