京都 花脊(はなせ)リゾート 山村都市交流の森

イベント情報

スノーシュー

2014/02/09

2月7日(金)に京都森林インストラクター会のみなさんとスノーシューに挑戦しました。

週間予報では雨予報…。とっても心配していたのですが、当日はなんと快晴!!


晴女がたくさんいましたからねー。


今回もガイドは檀上さんにお願いしました。

まずは準備運動をして、スノーシューに体を慣らします。

いざ林道へ!

総勢11名でのラッセルです。

先頭は汗だくになります。途中で交代をしながら進みました。

最後尾はスノーシューもいらないほどのキレイな道を歩くことができました。


今回のルートは大悲山峰定寺からスタートし、三本杉を見て、こもれびの森の頂上を目指しました。

雪の峰定寺を横目に進みます。

前日まで雪が降っていたため、木にもたくさんの雪がのってとてもとても美しい光景でした。

青い空と白い木のコントラストは最高です。こんな日は花脊でもほとんどありません。

広場でちょっと遊びました。

ただ歩くだけでも面白い!

深い雪に負けずに林道を進むと三本杉が現れました。

公式には37メートルとのことですが、視覚的には45メートルぐらいあるように見えます。

また、三本ともが同じ太さで育っています。これは自然界ではとても珍しいことで、たいていはどれか一本が負けて枯れてしまうのです。

樹勢も良く、まだ伸びていきそうな生命力にあふれています。谷筋にあるためか雷に打たれることもなく、そびえたっています。

周りの植林のスギがおもちゃのようでした。

夏場にはよく来るのですが、我々でも雪の深い季節に来るのは初めて。

三本杉の前で記念撮影をしました。

もう少し歩けばお昼ごはん。

明るい尾根まで出てお昼にしました。お昼は特製サンドイッチ。

山の上で食べるご飯はどうしてこんなにおいしいのでしょう。

休憩後はいよいよこもれびの森を目指します。

夏場でも峰定寺から1時間30分程度の行程です。

雪が多いと思うように進めません。

それでも一人も欠けることなく、こもれびの森までたどり着きました!!

バンザーイ。

広葉樹の葉が落ち、とても遠くまで見通すことができました。

遠くに蓬莱山や武奈ヶ岳も見えました。

ゆっくりしていたいところですが、あまりゆっくりはしていられません。

日が暮れるまでに下山します。

スノーシューは下りが面白い!!

やはりウィンタースポーツ。滑り降りる感覚は一度味わうと病みつきです。

童心に戻って下りを楽しみました。

移動手段としても優れている点を確認出来ました。

下りだけなら夏よりずっと速い。通常1時間かかる行程を30分ぐらいで降りることが可能でした。


翠峰荘に帰ってきたときにはもうクタクタでした。

とても心地よい疲れでした。


スノーシューに出会うまでは、まさかこの時季にこもれびの森の山頂まで行けるとは思ってもみませんでした。

参加者の方の体力や当日の天候にもよりますが、2月15日開催のスノーシューハイキングもほぼ同様の行程を予定しています。

まだもう少し空きがありますので是非ご参加くださいね。

イベントはすべて事前申込み制です。
お問い合わせフォーム、または往復ハガキに参加希望者全員の住所、氏名、性別、年齢をご記入のうえ事務局までお送りください。
お申し込みは原則として開催の1か月前からです。応募多数の場合は抽選となります。先着順ではありません。