分水嶺歩きは瓢箪崩山

DSC_0034

坂原峠は12月6日箕ノ裏ヶ岳例会で歩くこととして、瓢箪崩の形を体感すべく妙見神社からピーク346、461を経て山頂へ立ち、寒谷峠から江文峠分岐ピーク471まで進み岩倉村松町へ下りました。

DSC_0001

DSC_0009

DSC_0013

DSC_0019

DSC_0022

木立越しの京都市街から愛宕山の展望を楽しみながらの、緩やかな起伏の樹林の稜線歩きはいいものでした。

山頂では皆さんに石を積んでいただいて立派になったケルンの前で早めの昼食、次回10月4日(日)例会の比叡山や比良の山並を眺めながらの昼食は格別な味わいです。

DSC_0029

DSC_0030

DSC_0033

DSC_0035

ここまで快調な足取りで来ることができましたので寒谷峠の先の江文峠分岐ピーク471まで足をのばします。

大原三山から天ヶ岳天狗杉の北山大パノラマや大原の眺めを楽しんだ後は尾根伝いに岩倉川源流へ下り、箕ノ裏ヶ岳を眺めながら岩倉村松町へ。

DSC_0038

DSC_0040

DSC_0042

皆さん、お疲れさまでした。

よく頑張っていただきましたので、12月の箕ノ裏ヶ岳は繁見坂からこの江文峠分岐ピーク471まで余裕で歩けそうで楽しみです。

DSC_0044

静原城山から竜王岳へ

 

DSC_0046

DSC_0051

DSC_0054

DSC_0056

9月第一日曜例会は静原狩場から二の丸を経て城山へ。

地元で整備された道は快適で、戦乱時城下に住む人も避難したという城跡は静かで気持ちがいいものです。

三等三角点戸谷峰を越え薬王坂への森の小道も歩きやすく、二つの鞍馬寺経塚に心も癒されます。

DSC_0061

DSC_0066

DSC_0068

DSC_0070

DSC_0072

昼食の後は薬王坂から竜王岳へ頑張って一気に登り、谷越しに鞍馬寺を望む経塚山頂に着くと歓声が上がります。

南峰へも足をのばして、鞍馬川左岸尾根にある4つの経塚すべてめぐることができました。

鞍馬山山頂経塚や扶桑橋の経塚も鞍馬尾根例会で訪れていますから、北山分水嶺歩きですべて訪れたことになります。

DSC_0076

DSC_0079

DSC_0081

DSC_0083

薬王坂へ戻り静原へ下り、集落の中を通る東海自然歩道を進み狩場へ。

最後の静原神社から狩場まで雨に降られたものの、山上は風が吹き抜けて気持ちよく歩くことができました。

皆さん、お疲れさまでした。

次回は9月20日(日)岩倉駅9:00集合で瓢箪崩山へ登ります。

多くのご参加を。

暑さに負けず魚谷山最高峰へ

DSC_0123

 

北山分水嶺ウォーカーのみなさん、残暑お見舞い申し上げます。

春から夏の例会のとどめ、魚谷山へ行ってきました。

ヤマジノホトトギスが花を咲かせて出迎えてくれていいものでした。

DSC_0090

DSC_0094

DSC_0102

DSC_0112

滝谷峠口から直谷ルートで進みましたが、谷道は荒れていて風もなく暑さが厳しかったので魚谷山最高峰へ直接登り、帰路は分水嶺ルートということで柳谷峠から三角点峰は無理をせずショートカットです。

DSC_0114

DSC_0117

DSC_0118

分水嶺は時折頼もしい涼風が吹き抜けて谷より快適に歩くことができ、芹生峠西で北山のパノラマ、独標760では登った魚谷山や京都市街を見とどけた後は貴船川右岸尾根を下って滝谷峠口へ下山です。

DSC_0119

DSC_0123

DSC_0124

DSC_0125

みなさん、大変お疲れさまでした。

次回から秋クールまずは静原城山から鞍馬寺経塚の立つ竜王岳、9月6日(日)市原駅8:52集合、多くのご参加を。

猛暑に負けず貴船山向山区間踏破!

DSC_0018

滝谷峠から貴船山、三角点峰、樋ノ水峠をまわり、二ノ瀬ユリから尾根ルートで夜泣峠、さらに奥向山というべきピーク439を踏んで向山へ。

DSC_0002

DSC_0004

DSC_0011

梅雨明けさっそくの猛暑のなかでしたが、貴船山では皆さん石を積んでいただきケルンも立派になり、足取りも軽く予定時間通りに踏破です。

樹林の山道はいいものです。

DSC_0023

DSC_0030

DSC_0039

DSC_0040

DSC_0042

向山から市原へは一周トレイルではなく古い山道を下りました。

天ヶ岳方面の山並を眺めた後は倒木が多く荒れていましたが高名な儒学者の住んだ市原山荘跡の近くへ降り立ち、小滝もあって最高のクールダウンとなりました。

皆さんお疲れさまでした。

DSC_0043

DSC_0045

DSC_0046

次回は16日(日)北山分水嶺フロント歩きのとどめ魚谷山、滝谷峠から直谷を経て登り分水嶺ルートで滝谷峠下への歩きがいのあるコースです。

好天の天ヶ岳踏破

DSC_0003

DSC_0007

DSC_0014

雨予報が朝から好天、北山分水嶺クラブ例会はいつも幸運の女神に守られているようです。

雨想定で薬王坂からの長い尾根は下りとし、百井谷右岸尾根を扶桑橋から登って分水嶺へ出て、百井峠休憩舎で昼食の後で天ヶ岳というプランに変更、好天でも昼食場所こそ分水嶺となったもののこの通りに歩きました。

DSC_0017

DSC_0020

DSC_0019

DSC_0021

右岸尾根は傾斜が緩く細道も歩きやすく無理なく分水嶺へ登ることができ、昼食後は北山から京都市街や比良から琵琶湖の大展望を楽しみながら進み天ヶ岳山頂へ余裕の到着です。

とはいえここから鞍馬への長い尾根の下りが待っていて、風もなく暑いなかを皆さんに頑張って歩いてもらいました。

戸谷峰三角点や経塚を過ぎると薬王坂となり、これを下って全員無事鞍馬下山です。

お疲れさまでした。

DSC_0025

DSC_0030

DSC_0032

DSC_0036

次回は叡山電車鞍馬線市原駅9:00集合、車で奥貴船滝谷峠下まで移動し、峠から貴船山へ登り三角点峰、夜泣峠を経て向山への歩きやすいコースです。

多くのご参加をお待ちしています。

 

貴船口駅から鴨川桂川分水嶺へ

DSC_0033

貴船口駅から二ノ瀬ユリ、貴船山、滝谷峠を経て霧の分水嶺へ。

京都市街や魚谷山、雲取山など北山の展望はほとんど得られなかったものの新緑が美しい尾根道は歩きがいがあり、山上での昼食は格別の味わいです。

DSC_0002

DSC_0014

DSC_0018

DSC_0029

DSC_0036

DSC_0037

下りではアソガ谷右岸尾根に残る鬱蒼とした森に歓声が上がります。

尾根末端の倒木地帯はまたいだりくぐったりで大変でしたが、皆さん頑張っていただき無事下山することができました。

皆さん大変お疲れさまでした。

次回は7月19日(日)鞍馬駅9:00集合で薬王坂から天ヶ岳、多くのご参加を!

 

分水嶺歩き再開は鞍馬尾根から

DSC_0003

DSC_0006

鹿が出迎える鞍馬駅集合で、鞍馬尾根から都眺めの丘を経て峠下まで歩くことができました。

DSC_0011

DSC_0018

好天にも恵まれ、鞍馬山の厳しい登りを乗り越えた後は、奥鞍馬山の先の展望丘に憩い、樹林と展望の快適な尾根歩きでピーク780の都眺めの丘へ。

DSC_0020

DSC_0024

比叡愛宕の間の愛すべき京の都はいつになく輝いて見え、歓声が上がります。

負けない北山分水嶺歩きは天狗杉までの予定でしたが、無理をせず森の小道を峠下へ下ります。

いつも送迎車で通る鞍馬街道も鞍馬駅まで歩き通しましたが、風景が違って見えて足取りも軽やかです。

次回は7月5日(日)貴船口駅9:00集合解散で芹生峠旧花背峠間の分水嶺をめざします。

 

 

 

 

桑谷山に変更してスノーシュー

DSC_0016
DSC_0016
DSC_0019
DSC_0019

天狗杉から寺山の予定でしたが雪不足のため、皆さんの了解を得て桑谷山に変更です。

能見川ぞいの車道を進むと一面の雪景色、歓声が上がります。

さっそくスノーシューを付けて天神橋からアスナロの森を快適に登り、山頂手前の絶景ポイントでサンドイッチの分水嶺弁当を開きます。

DSC_0025
DSC_0025
DSC_0028
DSC_0028

元気が出たところで一気に登って山頂へ、その勢いで北山比良大展望の東峰にも足をのばします。

ワイワイと山座同定をしていると、北に遠く白山まで純白の優美な姿を見せてくれていることに気づき、頑張って登ってきたかいがあるというもので大いに盛り上がります。

DSC_0039
DSC_0039
DSC_0030
DSC_0030

急な岩場の天狗の森からはスノーシューを外して慎重に下ります。

電波塔で次回の峰床山を見届け、久多峠手前からは能見側峠下へ小尾根をショートカット、末端の急斜面では確保しながら安全に下るトレーニングをしながら車道へ出ました。

DSC_0043
DSC_0043
DSC_0047
DSC_0047

大変お疲れさまでした。

次回は3月1日(日)峰床山スノーシュー、多くのご参加を!

杉峠山スノーシューウォーク

DSC_0005
DSC_0005
DSC_0010
DSC_0010

うっすらと積もる雪ですが花背峠からスノーシューを付けてスタートです。

無くても歩けるのですが今シーズン初めてですから気分が違います。

好天のもと別所の里から雲取山の雪景色を楽しみながら杉峠へ到着、琵琶湖展望台で休憩の後は杉峠山へ。

DSC_0011
DSC_0011
DSC_0015
DSC_0015

360度の大パノラマ、特に百井の里と北山比良の雪景色はいいものです。

山頂からは安曇川源頭の憩い場を経て例会初披露の大杉見物、眼下に京都市街を眺める場所にたくましく枝を広げる姿に歓声が上がります。

DSC_0017
DSC_0017
DSC_0021
DSC_0021
DSC_0024
DSC_0024

ここで早めの昼食、サンドイッチの分水嶺弁当で元気を付けて、鴨川と安曇川の分水嶺をピーク835へ。

木立が切れる場所を探して振り返ると登った杉峠山が堂々たる姿でスノーシュートレースも見えていい感じです。

DSC_0029
DSC_0029
DSC_0031
DSC_0031

足並みもそろって余裕でピーク723まわりのルートでゴールの百井別れへ下りました。

皆さんお疲れさまでした。

DSC_0036
DSC_0036
DSC_0037
DSC_0037

次回スノーシュー例会は2月15日(土)花背峠から天狗杉寺山、多くのご参加を!

フカンド山新雪ハイキング

DSC_0009 (3)DSC_0014 (3)

新春スノーシューのはずが雪不足でスノーシューを置いてゆくはめに。

とはいえ久多峠の北にそびえるフカンド山、山上は雪景色で天気もよく快適な新雪ハイキングとなりました。

DSC_0023 (5)

 

DSC_0028

 

足並みもそろってあっというまにフカンド山山頂到着、さらに奥の盤取大杉やピーク897へ。

北山比良の山並ばかりか、湖西湖北の山並とその奥には純白の白山が別山を従えてはっきりと姿を見せてくれます。

冬バージョンのサンドイッチ弁当の味も格別です。

DSC_0033

DSC_0035

光砥山を眺めながら雪を蹴散らしてさらに780メートルコルまで行って山道跡をカヤンド谷へ下ります。

分水嶺歩きでは初めて下りますが、谷は大水で山道は流され歩きやすいところを選んで進み飛び石渡りを繰り返しながら進みます。

DSC_0046

DSC_0050

大岩や植林前の大きな倒木がごろごろでしっとりと苔むしてワイルドです。

二股となって林道歩きとなりますが、大杉が次々と現れ、見上げるとフカンド山が高く退屈する間もなく足取りも軽やか。

そして橋が現れてカヤンド谷出合ゴール、お疲れさまでした。

DSC_0053

DSC_0055

次回例会は2月2日(日)杉峠山スノーシュー、今年は記録的な少雪傾向で当日雪が少なくても今回同様新雪ハイキングで行いたいと思います。

杉峠山には大杉や安曇川源頭の自然庭園などいろんな見どころがありますから新雪ハイキングも楽しいものです。

多くのご参加を。