鍋谷山からサスナベ山踏破!

DSC05845DSC05863DSC05869DSC05874
DSC05893DSC05906
例会は倉谷林道から鍋谷山最高峰へ立ち、鍋谷山、井ノ口山、ナベ谷峠を経てサスナベ山へのロングコース、見事に全員踏破です。
交流の森に向かう途中の旧花背峠別れでクリンソウ、鍋谷山最高峰下のシャクナゲ、稜線下のホウの木などなど至るところで花との出会いもあって歩きがいがありました。
DSC05838DSC05851DSC05858DSC05878DSC05898
伏状台杉の森ばかりかサスナベ山の大杉の森にも足をのばして、広河原から花背の大堰川右岸尾根はいいものです。
パノラマ尾根から八桝口へ予定通りの時間に余裕の下山で、分水嶺ウォーカーの今後の活躍が楽しみです。
お疲れさまでした。
DSC05850DSC05883DSC05902

花背峠区間魚谷山東峰へ

DSC05507DSC05512

好天の下で多くのウォーカーは足取りもよく、花背峠スタートで天狗杉、旧花背峠、鉄塔ピークを経て芹生峠へ。
京都市街や四周の山々が圧巻で、鴨川と桂川の若葉の分水嶺は歩きがいがあります。

DSC05514DSC05516

早く着きすぎてできたて分水嶺弁当を待つほどでしたが、歩いてきた分水嶺を眺めながら味わった後も快進撃は続きます。

ノンストップで魚谷山東峰まで進み、余裕の集合写真です。

DSC05522DSC05529

今年は桟敷ヶ岳まで歩をのばす予定ですが、楽しみとなってきました。
東峰から北尾根を芹生へ、展望がいい送電線鉄塔で大休止をして急斜面を慎重に下り、予定より早くゴールです。

DSC05531DSC05534DSC05536DSC05538
お疲れさまでした。
次回は5月19日(日)鍋谷山サスナベ山、大杉との出会いが楽しみです。多くのご参加を。