魚谷山から桟敷ヶ岳へ見事踏破

DSC06628DSC06629DSC06633DSC06640DSC06644

分水嶺歩き初の魚谷山から桟敷ヶ岳への例会は不安定な天候にも関わらず満員御礼で、案内する側としてもモチベーションが上がります。

芹生から直接魚谷山東峰へ登り柳谷峠を経て魚谷山山頂へいいペースです。

DSC06654DSC06658DSC06669DSC06672

魚谷峠を経てピーク831への樹林の美しい分水嶺尾根も快調、ここで昼食の予定も狼峠下まで歩をのばすことができ、桟敷ヶ岳を望みながらの分水嶺弁当は格別の味わいでした。

これによって狼峠下からの桟敷ヶ岳ダイレクトルートも余裕で登ることができ、山頂では楽しい集合写真です。

DSC06673DSC06675DSC06677DSC06681

この直後から本降りの雨となり、山頂、送電線鉄塔、そして都眺めの岩からの絶景は濃い雨雲で何も見えず残念至極、エゴの花がなぐさめてくれるなか岩の先から祖父谷にリーダーおすすめの尾根ルートを下りました。

尾根下部の急な下りにはちょっと手間取ったものの予定時間通りに祖父谷林道ゴールです。

お疲れさまでした。

次回例会は7月7日(日)分水嶺小野村割岳区間、多くのご参加を。

 

峰床山区間踏破!

DSC06303

こもれびの森チセロ山から寺谷峠への峰床山区間、今年も踏破です。

峰床山までは快適ですが、その先は細道もアスナロジャングルに埋もれ倒木もあってちょっと大変でした。

ともあれこの間の暑さも昨日は中休み、分水嶺を吹き抜ける涼風に助けられて予定時間通りに全員踏破です。

DSC06279DSC06285DSC06282

こもれびの森休憩舎、展望ベンチ、峰床山山頂という絶景ポイントに、昨秋台風でできたチセロ山山頂南のポイントも加わって北山比良の雄大な景色も堪能です。

DSC06299DSC06307

お疲れさまでした。

DSC06309DSC06313DSC06318

次回6月16日(日)例会ではいよいよ分水嶺歩きは魚谷山から桟敷ヶ岳へ突入、多くのチャレンジャーをお待ちしています。