経ヶ岳からイチゴ谷山909踏破

DSC07819DSC07825DSC07830DSC07840

久多川右岸尾根は同じ安曇川水系の針畑川との分水嶺、経ヶ岳、イチゴ谷山、ピーク909、そしてピーク865と見事なスカイラインを見せています。

ブナ、ミズナラ、アシウスギの混生林の森や山上随所に開ける北山比良の大パノラマが圧巻です。

ミゴ谷出合から急斜面の続く右岸尾根の登りがありますから、北山分水嶺歩きでも頑張りがいのあるコースのひとつです。

梅雨の合間で風も吹き抜けてベストコンディション、予定通りイチゴ谷山肩の展望ポイントで分水嶺弁当を開くことができ、全員予定時間通りに踏破することができました。

DSC07842DSC07846DSC07849DSC07852

立派なブナ林を抜けピーク909での集合写真の皆さんの表情も達成感にあふれていいものです。

大変お疲れさまでした。

DSC07855DSC07859DSC07857DSC07862

次回は8月4日(日)分水嶺桑谷山区間、大暑とはいえ樹林の尾根は涼風が吹き抜けて快適ですからおおくのご参加を。

小野村割岳区間霧の原生林ウォーク

DSC07374DSC07379DSC07384DSC07386DSC07397

霧の佐々里峠をスタートし雷杉のハートを見届け、大杉の森から昼食場所広河原分岐の森へ快調な足取りです。

DSC07408DSC07414

小雨も止んで余裕でピーク911を経て小野村割岳へ到着、展望が霧でなく写真を撮って早々に光砥山をめざします。

DSC07424DSC07427DSC07431DSC07433

盤取大杉と分水嶺大杉を見て951m府下第4位の高さの山頂へ立つ頃には霧も晴れてきて、北山の峰々が姿を見せてくれます。

DSC07435DSC07441DSC07444DSC07442

歩いた佐々里峠からの分水嶺や桑谷山を眺めながらのワサ谷左岸尾根の下りもいいものでした。

霧の中央分水嶺は涼しく足取りも揃って見事に全員踏破です。

DSC07446

お疲れさまでした。

次回は7月21日(日)経ヶ岳イチゴ谷山のパノラマコースを歩きます。