例会はピーク936から三国岳へ

DSC_0050

北山分水嶺ウォーカーの皆さん、残暑お見舞い申し上げます。

暑さに負けず例会は佳境、涼風が吹き抜ける中央分水嶺は森深く、展望雄大です。

DSC_0039DSC_0043

滝谷林道終点からの急登は風がなく大変でしたが、分水嶺に出ると頑張ったかいがあり別世界。

秘密の森に憩いピーク936へ立つと三国岳の雄姿、ギアチェンジで颯爽と岩屋谷コース分岐へ。

DSC_0054DSC_0056 (2)DSC_0061

山頂へのひと登りも難なくクリアー、予定時間より早く全員登頂です。

こうなると岩屋谷コースの下りも余裕で、尾根から岩屋谷へ降り立って渓流で身体を冷やし、一の岩屋から岩屋谷林道へ。

DSC_0063 (2)DSC_0068DSC_0069

お疲れさまでした。

次回例会は9月1日(日)分水嶺光砥山区間、多くのご参加を。

猛暑の桑谷山区間踏破!

DSC08306

猛暑の日が続くなかでの分水嶺歩き、久多峠から桑谷山へ登り寺谷峠へ抜けるコースは昨年秋台風による倒木がピーク790周辺で特に多く、またいだりくぐったり迂回したりで猛暑とあわせて大変です。

DSC08276DSC08273DSC08283DSC08280

いつもは見晴らしのいい送電線鉄塔で休憩を取りますが、それらの手前の森のなかで身体を冷やした後で歩きながら展望を楽しみます。

ライオン岩で昼食と思っていましたが倒木で日当たりがよくなっていて風もなく場所を変更して保冷剤付分水嶺弁当を開きます。

DSC08285DSC08293DSC08291DSC08302

分水嶺尾根では所々で谷から吹き上げる涼風があって、その都度休憩を取って進みました。

予定時間通りに寺谷峠へ到着し寺谷林道へ下山、もちろん対岸の大杉の森からの滝水が落ちる河原へ降りてクールダウンです。

DSC08308DSC08312

皆さん暑さ対策は万全で、快適にアスナロが多い森の分水嶺桑谷山区間を踏破することができました。

大変お疲れさまでした。

次回例会は8月18日(日)滝谷林道終点から登り岩屋谷道を下る三国岳、多くのご参加を。