例会は天狗峠の中央分水嶺歩き

DSC_0006DSC_0012DSC_0013 (3)

久多滝谷林道終点から馬尾滝を経て右股の谷道を進みます。

窯跡があってこんな奥山でも炭が焼かれていた谷ですが、大雨で谷道は流されていて河原を歩きます。

滑って岩に膝を打った人が出たところで奥の二股手前から右岸尾根へ取り付き、ひと頑張りで天狗峠分岐ピーク西側鞍部へ出て分水嶺弁当の昼食です。

DSC_0023 (2)DSC_0027DSC_0032

このまま中央分水嶺を歩いてピーク936肩まで行き、ここから林道終点への尾根道が安全確実ということでゆっくりと歩を進めます。

天狗峠分岐ピークあたりは倒木が多く秋の日は暮れるのが早いこともあって、皆さんの了解を得て天狗峠往復も取りやめて万全を期します。DSC_0038 (2)

DSC_0036 (3)DSC_0039 (2)

天気も回復してきて、天狗峠周辺の色づいてきた原生林は日を受けて見事で、ピーク936肩の草原からの北山比良の山並も圧巻です。

尾根道も慎重に下り送迎車の待つ滝谷林道へ。

DSC_0040 (2)

痛い膝にもめげず頑張って歩き通した人は拍手で迎えられ、リーダーとしても皆さんのご協力やサポートに感謝です。

ありがとうございました。

次回は11月3日(日)分水嶺滝谷山区間、花背峠から猿橋峠の大見尾根から尾根道を交流の森センターへ歩きたいと思います。多くのご参加を。

 

頑張って分水嶺天ヶ森区間踏破!

DSC_0001

DSC_0004

DSC_0014

DSC_0011

DSC_0012

 

天気は回復、爽やかな秋空のもとで分水嶺天ヶ森区間踏破です。

標高の高い杉峠スタートとはいえ慣れない人にはつらいアップダウンの連続、倒木で歩きにくい細道に足取りは重く、スローペースで進みます。

それでも時折開ける北山比良の山並や京都市街、琵琶湖の展望や少し色づいてきた美しい二次林では歓声が上がります。

DSC_0017

DSC_0019

DSC_0020

前ヶ畑旧峠で昼食を取りながら、天ヶ森を越えて三谷峠までまだまだ遠いな、とつぶやきが聞こえてきますが、分水嶺弁当で元気になったところで頑張って天ヶ森へ登ります。

DSC_0026

DSC_0027

DSC_0033

DSC_0035

山頂で集合写真を撮り、さらに三谷峠まで一気に進んで遅れを取り戻し、琵琶湖を望む峠で大休止、後は余裕で峠道を下りヒノコ到着、お疲れ様でした。

次回は10月20日(日)滝谷林道から天狗峠、多くのチャレンジャーをお待ちしています。