暑さに負けず魚谷山最高峰へ

DSC_0123

 

北山分水嶺ウォーカーのみなさん、残暑お見舞い申し上げます。

春から夏の例会のとどめ、魚谷山へ行ってきました。

ヤマジノホトトギスが花を咲かせて出迎えてくれていいものでした。

DSC_0090

DSC_0094

DSC_0102

DSC_0112

滝谷峠口から直谷ルートで進みましたが、谷道は荒れていて風もなく暑さが厳しかったので魚谷山最高峰へ直接登り、帰路は分水嶺ルートということで柳谷峠から三角点峰は無理をせずショートカットです。

DSC_0114

DSC_0117

DSC_0118

分水嶺は時折頼もしい涼風が吹き抜けて谷より快適に歩くことができ、芹生峠西で北山のパノラマ、独標760では登った魚谷山や京都市街を見とどけた後は貴船川右岸尾根を下って滝谷峠口へ下山です。

DSC_0119

DSC_0123

DSC_0124

DSC_0125

みなさん、大変お疲れさまでした。

次回から秋クールまずは静原城山から鞍馬寺経塚の立つ竜王岳、9月6日(日)市原駅8:52集合、多くのご参加を。

猛暑に負けず貴船山向山区間踏破!

DSC_0018

滝谷峠から貴船山、三角点峰、樋ノ水峠をまわり、二ノ瀬ユリから尾根ルートで夜泣峠、さらに奥向山というべきピーク439を踏んで向山へ。

DSC_0002

DSC_0004

DSC_0011

梅雨明けさっそくの猛暑のなかでしたが、貴船山では皆さん石を積んでいただきケルンも立派になり、足取りも軽く予定時間通りに踏破です。

樹林の山道はいいものです。

DSC_0023

DSC_0030

DSC_0039

DSC_0040

DSC_0042

向山から市原へは一周トレイルではなく古い山道を下りました。

天ヶ岳方面の山並を眺めた後は倒木が多く荒れていましたが高名な儒学者の住んだ市原山荘跡の近くへ降り立ち、小滝もあって最高のクールダウンとなりました。

皆さんお疲れさまでした。

DSC_0043

DSC_0045

DSC_0046

次回は16日(日)北山分水嶺フロント歩きのとどめ魚谷山、滝谷峠から直谷を経て登り分水嶺ルートで滝谷峠下への歩きがいのあるコースです。