分水嶺歩きは瓢箪崩山

DSC_0034

坂原峠は12月6日箕ノ裏ヶ岳例会で歩くこととして、瓢箪崩の形を体感すべく妙見神社からピーク346、461を経て山頂へ立ち、寒谷峠から江文峠分岐ピーク471まで進み岩倉村松町へ下りました。

DSC_0001

DSC_0009

DSC_0013

DSC_0019

DSC_0022

木立越しの京都市街から愛宕山の展望を楽しみながらの、緩やかな起伏の樹林の稜線歩きはいいものでした。

山頂では皆さんに石を積んでいただいて立派になったケルンの前で早めの昼食、次回10月4日(日)例会の比叡山や比良の山並を眺めながらの昼食は格別な味わいです。

DSC_0029

DSC_0030

DSC_0033

DSC_0035

ここまで快調な足取りで来ることができましたので寒谷峠の先の江文峠分岐ピーク471まで足をのばします。

大原三山から天ヶ岳天狗杉の北山大パノラマや大原の眺めを楽しんだ後は尾根伝いに岩倉川源流へ下り、箕ノ裏ヶ岳を眺めながら岩倉村松町へ。

DSC_0038

DSC_0040

DSC_0042

皆さん、お疲れさまでした。

よく頑張っていただきましたので、12月の箕ノ裏ヶ岳は繁見坂からこの江文峠分岐ピーク471まで余裕で歩けそうで楽しみです。

DSC_0044

静原城山から竜王岳へ

 

DSC_0046

DSC_0051

DSC_0054

DSC_0056

9月第一日曜例会は静原狩場から二の丸を経て城山へ。

地元で整備された道は快適で、戦乱時城下に住む人も避難したという城跡は静かで気持ちがいいものです。

三等三角点戸谷峰を越え薬王坂への森の小道も歩きやすく、二つの鞍馬寺経塚に心も癒されます。

DSC_0061

DSC_0066

DSC_0068

DSC_0070

DSC_0072

昼食の後は薬王坂から竜王岳へ頑張って一気に登り、谷越しに鞍馬寺を望む経塚山頂に着くと歓声が上がります。

南峰へも足をのばして、鞍馬川左岸尾根にある4つの経塚すべてめぐることができました。

鞍馬山山頂経塚や扶桑橋の経塚も鞍馬尾根例会で訪れていますから、北山分水嶺歩きですべて訪れたことになります。

DSC_0076

DSC_0079

DSC_0081

DSC_0083

薬王坂へ戻り静原へ下り、集落の中を通る東海自然歩道を進み狩場へ。

最後の静原神社から狩場まで雨に降られたものの、山上は風が吹き抜けて気持ちよく歩くことができました。

皆さん、お疲れさまでした。

次回は9月20日(日)岩倉駅9:00集合で瓢箪崩山へ登ります。

多くのご参加を。