大原三山踏破!

DSC_0019

DSC_0026

DSC_0030

DSC_0031

DSC_0034

大原バス停から寂光院道の橋を渡り尾根に取り付きます。

三山最高峰焼杉山は登りがいがありますが、いいペースで山頂到着、眼下に大原の里が開けます。

DSC_0035

DSC_0038

DSC_0040

寂光院への分岐の峠で昼食を取り、アップダウンのある縦走路ですが紅葉を愛でながら翠黛山、岩場を慎重に金毘羅山へ歩を進めます。

DSC_0041

DSC_0045

DSC_0046

DSC_0054

三角点山頂で憩い、京都市街や大原の展望を楽しんだ後は、尾根伝いに下って旧参道を江文神社へ、予定通りの時間でゴールです。

お疲れさまでした。

DSC_0055

DSC_0058

DSC_0059

次回北山分水嶺歩きは11月15日(日)大原バス停9:00集合小野山・梶山、多くのご参加を!

大原の山とどめは小野山・梶山

DSC_0013

DSC_0020

DSC_0022

DSC_0023

瓢箪崩山、焼杉山、翠黛山、金毘羅山に続いて、大原の山歩きは小野山、梶山(大尾山)です。

惟高親王墓から京都一周トレイルを仰木峠へ登り、小野山から梶山へ縦走します。

稜線は単調な植林地で送電線鉄塔をつなぐ紅葉盛りの森の小道を歩き、展望の丘で琵琶湖大パノラマを見ながら昼食を取り、梶山山頂は後回しにしてまずは北峰630ピーク下の北山展望台へ。

DSC_0028

DSC_0030

DSC_0032

DSC_0038

DSC_0040

DSC_0041

これまで北山分水嶺クラブで歩いてきた皆子山、天ヶ森、天ヶ岳、大原三山などが愛宕山と比良山との間に並び立ち壮観です。

梶山山頂からは音無滝への道を進み、多くの倒木で荒れた谷道は歩きにくく、三ノ滝、二ノ滝、一ノ滝の高巻き道はクサリを持って慎重に下ります。

DSC_0042

DSC_0045

DSC_0053

DSC_0056

滝を眺めながらクールダウンは格別の味わい、後は大原の里歩きを楽しみながらバス停へ、お疲れさまでした。

DSC_0060

DSC_0067

次回例会は12月6日(日)岩倉駅9:00集合で箕ノ裏ヶ岳、多くのご参加を!