猛暑は続く。見まわりは百井峠から滝谷山へ

DSC07218 DSC07227 DSC07236 DSC07240 DSC07248 DSC07256 DSC07230DSC07265

北山分水嶺ウォーカーの皆さん、暑中お見舞い申し上げます。

先日の例会以降も猛暑が続き、あの手この手と熱中症対策を取られていることと思います。

リーダーダンジョ―的には山が一番です。

南北に連なる尾根を歩くと涼風が吹き抜けていて暑さを忘れますが、問題は尾根に出るまでと尾根から下って車までの間です。

昔は今の季節はもっぱら沢歩きやアルプスだったので、猛暑の北山分水嶺は私にとっても貴重な体験ですが、だんだんと涼しい場所がわかってきたような気がします。

ということで今日は百井見まわりで、百井峠急坂上から鴨川安曇川分水嶺へ出て赤白鉄塔が立つ杉峠山を経て安曇川桂川分水嶺滝谷山へ。

次回例会のコースですが、林道歩きを少しでも少なくしたいところで脇の尾根を徹底探査しましたので、乞うご期待です。

そして和佐谷峠まで戻り百井キャンプ場へ下り、気合で鴨川安曇川分水嶺へ登り返して百井峠へ出て車を置く急坂上へひとまわり。

分水嶺はくり返し歩くなかで、だんだんと道らしくなってきて問題なしです。

百井別所あたりは標高がそれなりにあって、尾根谷の高低差が少なくて登り返しもワンピッチで済み、何よりも京都市街や琵琶湖、北山比良の絶景ポイントがあちこちにあって気分爽快、読図ができる人にとっては快適なエリアなのです。

毎日の暑さも分水嶺歩きで培った熱中症対策で望めば鬼に金棒、さらにトレーニングも怠りなくこなしていただき、例会でまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です