京都 花脊(はなせ)リゾート 山村都市交流の森

イベント情報

北山分水嶺を歩く②

4月19日(日)に北山分水嶺を歩く②を開催しました。

平成27年度「北山分水嶺を歩く」の第2弾。

小野谷峠~チセロ山山頂までの北山分水嶺を踏破しました。

前回に引き続き今回も雨…。

計画では交流の森センターエリアをスタートし、小野谷峠~チセロ山~三本杉と向かうよていでしたが、天候を考え急遽逆ルートをとることにしました。

チセロ山山頂付近にある東屋で昼食をとるためです。

サクラの咲く大悲山峰定寺をスタートします。

45分ほど歩くと大悲山峰定寺のご神木「花背の三本杉」が出迎えてくれます。

周りのスギが子供のようです。もともと1本なのか、3本が癒合したものなのかはわかりませんが、3本のスギが並び立つ姿はとても美しいです。

お昼前に東屋に到着。

雨風をしのげる東屋のありがたみがわかります。

少し早めの昼食をとって、チセロ山山頂ケルン前にて記念撮影。

いよいよここからが本番「北山分水嶺」です。

いつものように道なき道を進みます。

お昼を過ぎたあたりで雨も止んできました。

檀上先生の歩き方講習。

「体重移動を意識して歩けば体力の無い人でも長い距離を歩くことができます。」

今回の寄り道は大見の湿原。

八丁平よりも標高は200mほど低いですが、良く似た風景でした。

平坦で明るい林が広がっています。クリやホオ、ミズナラといった落葉広葉樹にモミやスギが混じり、その下ではキンキマメザクラやクロモジが花を咲かせており、大変気持ちの良い場所でした。

ズミなど周辺では八丁平以外では見ない樹種もありました。

「分水嶺」歩きにふさわしい「最初の一滴」も見ることができました。

次回は5月3日。鞍馬~鞍馬尾根~旧花背峠~花背峠を目指します。

是非ご参加ください。

イベントはすべて事前申込み制です。
お問い合わせフォーム、または往復ハガキに参加希望者全員の住所、氏名、性別、年齢をご記入のうえ事務局までお送りください。
お申し込みは原則として開催の1か月前からです。応募多数の場合は抽選となります。先着順ではありません。